« まもなく兄貴の子供です。 | トップページ | 兄貴の稽古に明け暮れております »

2012年11月 2日 (金)

それが身に沁みるまで10年かかる

昨日、あ、もう一昨年になるのね。

久方ぶりの教育現場でのワークショップ。

面接スピーチれっすん。

相手のために関わる。声も表情も動きも感情も全部を使って相手を鼓舞する。

そんなこと初めてやったんじゃなかろうか?という子たち。

怖さもあるけれど、前向きにチャレンジしたい子もいて、そういう想いを見てるだけで胸が熱くなったりします。

なかでも、面接シチュエーションで、なかなか人と目が合わせられない子に、渡が質問した、「一番仲の良い友達は?家族でもいいけれど」の質問に「お兄ちゃんです」と答え、そのお兄ちゃんがいかに好きかを語っているときのその子の顔が、本当にキラキラしていて忘れられません。

夜は久しぶりのエクスパンド。ずいぶん大事な日にこれて良かった良かった。

頭痛、まだあるけれど、幾分か落ち着いてきたように思います。

ほなー。

|

« まもなく兄貴の子供です。 | トップページ | 兄貴の稽古に明け暮れております »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418278/47686701

この記事へのトラックバック一覧です: それが身に沁みるまで10年かかる:

« まもなく兄貴の子供です。 | トップページ | 兄貴の稽古に明け暮れております »