« 経堂は古き良き昭和の匂いがある | トップページ | 経験したい »

2012年5月19日 (土)

京都という土地がもう他人ではなくなってきたと感じるなんて素敵やん

京都精華大学でのワークショップ。今年は今回で4回目。

メンバーも減らず、顔も大分分かってきて、皆も初回よりもずいぶん集中力も楽しみ力も、相手を気遣う心も強く大きくなっているように感じました。

ワークが終わった後も、何人かに悩み相談を受けたりして、信頼度が増してきている気もします。

とにかく、ちょっとでも楽しくて、やってて気づきがあって、今よりも自由になっていけるきっかけになれば良いと。

90分という短い時間の中で、渡にやれることをあーだこーだ考えながらやっております。

終わったあとは、先生らと食事。

うまーいお肉いただきました。ありがとうございました。

気がつけば終電ぎりぎり。終電が8時て。

急いで東京に戻りました。

京都。渡にとってはもう他人ではございません。


いける間、できる限りのことをしよう。

そうしよう。

ほなー。

携帯から閲覧の方はこちらからメッセージどうぞー。

|

« 経堂は古き良き昭和の匂いがある | トップページ | 経験したい »

渡ワークショップ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418278/45327534

この記事へのトラックバック一覧です: 京都という土地がもう他人ではなくなってきたと感じるなんて素敵やん:

« 経堂は古き良き昭和の匂いがある | トップページ | 経験したい »