« 演劇ワークショップ | トップページ | 感謝と新しい経験 »

2011年7月 6日 (水)

自由というやつ

自由っていうことだかものだかわからない概念に対しての捉え方や姿勢をしっかりしないと、なんだか迷ったりわけわからなくなったり、囚われたりして、結局自由っていうのが一番不自由な感じになってしまうなーって、限りなくわかりづらいことを思った日でした。


自由ってなにかね?

と、渡の中の菅原文太が問いかけます。


なんだかモヤモヤして、釈然としない。


結局自分がどうしたいか?なんだろうけどね。

なんだか、自由ってやつが、ドライで冷たくてそっけなくてエゴ丸出しで自分勝手で、損得勘定で、嘘ばっかりな風に感じてしまったのは、渡が自由じゃないからでしょうか?


んー。


色々超えていかないとなことがあります。


もっと問いかけてみよう。見つめてみよう。


きっと自分の答えがあるはずだから。

いつか読んだ竜馬がいくという本に書いてあった。

坂本龍馬の最大の不幸は
自分のことを馬鹿だと思っていたことだ。

そんなことが確か書いてあった。

そんな言葉をたまに思い出します。


僕は馬鹿じゃない。


そう言える現実をつくるんだ。

人の思い込みやキャラ付に都合よく巻き込まれてはいけない時がある。

時々そう思う。

信じてみよう。

動いてみよう。

言葉に出してみよう。

影響力のあるコントロールの強い人に負けないように。

自分で信じて自分で立つのだ。


自分の人生を生きるのだ。


いろんなことが起こっています。2011下半期。

楽しいよ。


ほなー。


携帯から閲覧の方はこちらからメッセージどうぞー。

|

« 演劇ワークショップ | トップページ | 感謝と新しい経験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418278/40705413

この記事へのトラックバック一覧です: 自由というやつ:

« 演劇ワークショップ | トップページ | 感謝と新しい経験 »