« 集客とクオリティ。直感に従うこと。行動にうつすこと。そして失敗しないと成長しないということ。 | トップページ | へんてこりんとオシャレの間。いや、へんてこりんだ。 »

2011年6月14日 (火)

さや侍

Matsumoto2640_large
「さや侍」見てまいりました。

松本人志監督第三作品目。

中学から多大なる影響を受けて受けてうけまくっているので、純粋に映画として見れない節があるなぁと改めて感じました。

演出方法とか雰囲気とかすごく好きな作品だし、笑えます。

でも、映画に関してなかなかまだ渡自身がなじめてないんだと思いました。

それでも大日本人とかDVD買ってますけどね。

とくに今回のラストシーン。

かなりとまどいました。

間違いなく松本人志の中で大きく変わったものがあるんだなぁと。今までの松本人志ではもうないんだなぁと。そんなラストシーンでした。

それが良いか悪いか、分かりません。そういう問題でもないかもしれません。

ただとまどった。

あまり言うとネタばれになるから書きませんけどねー。

ただ野見さんにどういう風に演出したかはそうとう興味があります。

最後とかかなり良い顔してました。

もしかしたら、自分が父親になって観たらまったく違う感じ方になるのかなーっと思っています。

そしたらまた観よう。

ほなー。

携帯から閲覧の方はこちらからメッセージどうぞー。

|

« 集客とクオリティ。直感に従うこと。行動にうつすこと。そして失敗しないと成長しないということ。 | トップページ | へんてこりんとオシャレの間。いや、へんてこりんだ。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418278/40398884

この記事へのトラックバック一覧です: さや侍:

« 集客とクオリティ。直感に従うこと。行動にうつすこと。そして失敗しないと成長しないということ。 | トップページ | へんてこりんとオシャレの間。いや、へんてこりんだ。 »