« 渡にもごーるでんちょうだいよー | トップページ | 英国王のスピーチ »

2011年5月 1日 (日)

5月がはじまる

気がつけば2011も半分過ぎようとしております。

五月か。五月ね。沖縄も奄美も梅雨入りしたようで、これからジメジメムシムシもやってくるのね。それにくわえて五月病なんてのもありますから、いつも以上に毎日を楽しみ切るって感じでいきたいですねーっ。

東京はテレビとかも普通に戻り始め、色んなことが元に戻ろうとしてるけど、渡のなかでは圧倒的に決定的に何かが変わってしまった。例え生活とか便利さが戻ったとしても、ちっとも渡の中では戻ってない。

日本の歴史としても渡の歴史としても、完全に地震前と後に別れるほど大きなことだったと思います。

でも、その変わったことっていうのは、それは全然悪いことではなくて。

長い闘いになるけれど、これがあったから、だからこそ大きく変化していかないとって思う。

良い方向に向かえるように。

意識的に。前向きに。文字にすると超ペラペラだけど希望とか夢をもって。

たとえ大きな変化にならなくても、自分のできること、可能性のあることをやっている人が渡のまわりには多くて。それをやることはとってもエネルギーのいることだし、お金にもならないことだけど、やれる限りやっている。

そんな人達を見ると、渡はほとんど何もしてないのに等しいなんて感じるわけです。

すぐ怠けるからね。渡。

すーぐ口開けて横になって屁こきますからね。

だからそういう人が近くにいるのはありがたいです。

「あ!」って思うから。「横になるくらいなら、トドでもできる!いや、トドの方が可愛いし、色々できるぞ!」って思うから。

で、色々考えようとするんです。「自分に何ができるのか?」って。地震以後、皆が一度は必ず思った「いま、自分に何ができるか?」ってやつです。

したら渡の巨大な頭の中にある消しゴミサイズの脳みそがコロコロ転がるんですね。「何がでるかな?♪何がでるかな?♪」ってね。

したらたいてい「面白い話〜!おもばなー!」なんて出てね。

そしたらすぐにメガネかけたすんごい冷めた渡が出てきてね「それ意味ある?」ってくるわけですよ。

渡のサイコロの目、ほとんど「面白い話ー」しかないですから。たまに違う目が出たとしても「誰も聞きたくないドロドロとした暗い話」くらいしかないんです。で、うろたえるんです。「意味ある?」って。

で、うろたえながらも、考えたんですよ。コロコロコローって。

意味があるかどうか。

そんなの分からんね。ってなりまして。

「意味ってなにかね?」

って渡のなかの菅原文太さんがでてまりましてね。

何か漠然と考えたらやっぱり漠然とした答えしか返ってきませんから。

意味とかなんだとか考える前に、自分が思ったこと、やりたいこと、やらなきゃなこと、実現したいこと、そのために、まずは寝てないで立ってみよう。それくらいのレベルで始めるほうが何かスッキリするなーと最近思いました。てか、今思いました。

トドから人間へ。

立ったら今度は、じゃあパソコンの前に座ってみようか。で、次は電源入れてみようか。で、次は資料作成しようか、で次は映像編集して、、、てなもんです。

一個一個です。もーそれ以外ない。

この積み重ねでいきます。

適度に適当にちょうど良く。意識的に前向きにひとひと、、コロコロコロー。

ほなー。

携帯から閲覧の方はこちらからメッセージどうぞー。

|

« 渡にもごーるでんちょうだいよー | トップページ | 英国王のスピーチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418278/39819792

この記事へのトラックバック一覧です: 5月がはじまる:

« 渡にもごーるでんちょうだいよー | トップページ | 英国王のスピーチ »