« 80歳以上のクリちゃんだって全力でチャレンジしてるのだ | トップページ | 渡にとって、ロクディムにとって、無駄にしたくないライブでした。 »

2010年6月10日 (木)

グランドチャンピオンKEN渋谷に降り立つ。

さてさて、今週からロクディムバトンが始まっておるわけですが、いろいろ活動を始めたロクディム。先日は久しぶりの路上練り歩き大会でしたっ。

クロコ周辺を闊歩してチラシを配るのですが、今回はロクディムのために協力な助っ人が現れましたっ。

知る人ぞ知る、ニューヨークのカリスマ、グランドチャンピオンKENがやってまりましたっ!!

112490521


東横の改札から出てきた瞬間。渋谷はざわつき始めました。人々はKENを見ました。遠巻きに。あくまで遠巻きに。最初あまりの周囲のレスポンスの冷たさにKENも「ドシテー?ドシテミナハッピーじゃないのー?」と嘆いておりましたが、そこはさすがグランドチャンピオン。持ち前のグランドチャンピオンらしさを発揮して、歩き始めました。

眉間に皺を寄せて歩いている人達一人一人に「ハロー!ゲンキナノー?」と話かけていきます。

そうするとどうでしょう。下を向いてた人達が顔をあげて、「ハロー」と言い返します。「ハロー」と言った後に笑顔になったりします。それは「ハロー」と言った自分に対しての気恥ずかしさなのか、KENの豊満なボディを見てなのか、人と人がしっかり繋がった嬉しさなのか。それは人それぞれなのでしょうが、とにかく確実に笑顔になったのでした。

学生さんはカメラをもって集まります。外国の方も写真バシバシ撮ります。別れ際は「ケンばいばーい」とすでに親友です。ものすごく英語が流暢な女の子にいきなり「I LOVE YOU」と言われたりもしておりました。出会って10秒くらいの女子に愛の告白を受ける。それがグランドチャンピオンKENです。

途中、中学生の男子に「うわーケツ!ケツ超うけるー!」と爆笑されたり、「なにあれ?」「芸能人じゃなくて芸人だねー」と言われたり、黒人にダンス対決を申し込まれたり(ダンスの後、「You are good dancer.」「You too.」と奇妙な友情ができてました)と乗り越えなきゃいけないハードルも多々ありましたが、KENはこっちが何か刺激すれば、かならず(数秒かかったとしても)レスポンスがあることに感動しておりました。日本も捨てたもんじゃないなんてつぶやいてました。


1時間30分ほどの時間でしたが、多くの人と繋がることができてKENもご満悦。もっていたチラシもほとんどなくなったところで、KENはニューヨークに帰りました。KENが帰った直後雨が降り始めました。KENは天候さえも操ることができるのです。なぜならグランドチャンピオンだから。

また必ず来ると言っていたのでラッキーな人は街角でKENと出会うことができるかもしれません。

ロクディムとしてはKENがまた日本に来れるように、KENがやったことが無駄にならないように、KENをがっかりさせないように、自分たちができることを1つ1つやっていくのみです。多くの人がライブに来て楽しめるように。

KENが練り歩いている様子をハイビジョンで撮影しましたので、いつかアップしたいと思います。もっと簡単にハイビジョン映像を流せる環境を整えないとだわ〜。

11日(金)夜8時〜!


ロクディムライブ

始まります!!

是非遊びにきてくださーい☆

ほなー。

携帯から閲覧のかたはこちらからメッセージどぞー。

|

« 80歳以上のクリちゃんだって全力でチャレンジしてるのだ | トップページ | 渡にとって、ロクディムにとって、無駄にしたくないライブでした。 »

6-dim+」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418278/35183266

この記事へのトラックバック一覧です: グランドチャンピオンKEN渋谷に降り立つ。:

« 80歳以上のクリちゃんだって全力でチャレンジしてるのだ | トップページ | 渡にとって、ロクディムにとって、無駄にしたくないライブでした。 »