« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月21日 (月)

神経質。

R06202010_001

渡のカメラGXRで久しぶりに写真を撮りました。

飽きたわけでは全然ありません。ただ渡なんだかちょっと神経質なところがあって、今回のことを言えば、GXRに入っていた8GBのSDカードをこないだ依田氏のパナソニックのビデオカメラに入れて動画を撮影したんです。そしたら、その映像がSDカードにずっと入りっぱなしで、初期化しようと思っても、パソコン上だとできなくて、撮影したビデオカメラからじゃないと難しい感じだったんです。そしたらなんか動画を消去しないままカメラにいれて写真を撮影するのがなんか嫌なんです。

変すか?

そうすか。

わかんないすかねー、なんで敬語か分かんないんすけど、今までGXR専用SDカードみたいなところあったからね。動画撮影したら別フォルダができたりよく分かんないフォルダが入ったりするじゃないですか。

そういうのとかがもうなんか嫌みたいです。

だから例えば、パソコン買うでしょ。したらこの最初の段階がこいつの最も良い状態なんです。その後、何かソフトをインストールしたり、いろいろ使っていくと、よくわかんないフォルダが増えたり、なんやかんや。あとは、もう劣化していくだけでしょ。

それがなんかもう嫌みたい。

松本人志が携帯がフル充電になってないと嫌みたいなこと言ってましたが、それと近いというかねー。

いや、もうとにかく嫌なの!ってわけじゃ全然ないんですけどねー。

使えば使うほど味が出るとかならいいんだけどね。なんかただ劣化していくんだなぁと思うと切ないんす。

何人かに言ってみたんですが、いまだ誰からも共感を得ません。むむむ。

だから皮でできた財布とかベルトとかジーンズとか、使えば使うほど良いみたいなのは好きなんかなあ。

ま、そんなわけで、今日依田氏がもってきてくれたビデオカメラからカードを初期化したので、撮影開始というわけです。パシャパシャとりましたやん。今日はエスワントルネードでしたー。

というどうでも良い話をこの時間にしてるのは、ただただメルマガの締切から逃れるための現実逃避に他なりませぬ。

こんなに腰が重いかねー。

あと、今日分かったのは、完全に1人だと、渡はギターをよく弾きます。今日なんかアンプに繋いで弾きました。1人だと何かに没頭するのですね。

彼女に振られた時なんかは、現実を忘れるためにひたすら壁に向かってジャグリングしてたのを思い出したよ。

自分の状態が悪い時とか下手な考えをするときは、自分の思考を外すための装置を作っているんだなぁと分かったよ。

即興ワークショップ来月もやりますよー。また詳細載せますのでー。今月はもう厳しいかなー。

そして即興講師枠を探す旅もいまだ途中です。なかなかすぐにってわけにはいかないのよねー。でもそのおかげでいろんな人と話す機会ができてとても楽しいのです。

飛び込むっていいね。やっぱり。腰はとても重いけど。メルマガくらい。

書こう書こう書こーう。

あ、今週の木曜日(24日)はアクトリーグがあるよー。夜7時に新宿アルタだよー。渡が所属するチームは現在首位。遊ぶよー。

今週の日曜日(27日)はエスワンフロントラインがあるよー。夜7時からクロコダイルだよーっ。渡は登場権ないけどねー。でも出るよーきっと出るからー。

そして次の金曜日(7月2日)はジェイライブだよー。夜8時からクロコダイルだよーっ。渡久しぶりにジェイライブ出るよー。

そんでその次の週の金曜日(7月9日)はロクディムライブだよーっ!夜8時からクロコダイルだよーっ。来た方が良いんだってばよー。

全部きたら完全に渡マニア。渡フリーク。金運も恋愛運も自分の才能も確実にアップします。※個人差があります。

久しぶりの怒涛ライブが始まります。

ほなー。

携帯から閲覧の方はこちらからメッセージどうぞー。

| | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

チャレンジし続けるってねー

すごく良い電話をいただいた。

ちょっと前はとてつもなく良いメールもいただいた。

どちらも胸が熱くなって、少し感涙しそうになった。

誰かの心の深いところに少しでも根付いてるということは、そして愛情を注いでもらっているということは、ものすごい栄養だ。

ここ最近、真剣なブログを書き過ぎたせいか、心配までされている。心を配ってくれる。

心から応援してくれている。

ありがとう。さらに好きなことをする覚悟ができました。

ぜんぜんまだまだだわー。もっともっとできるわー。いやーやりますよ。

その前に明日は衣替えだ。ほぼ引っ越す勢いだ。

やーやーやー。やったるよー。

ほなー。

携帯から閲覧の方はこちらからメッセージどうぞ。

| | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

ハッて思って思わずメモする

ほとんど全ての人を素敵にすることは可能なんじゃないだろうか。

どこかでこれじゃダメだ。それじゃダメだ。そう思った時点でもうダメなんだ。

全てのことを素敵にできるんじゃないか?

可能性を限定して狭めて潰しているのは自分だ。自分に負けて任せて待つ。そしたら無限の可能性の中に入る。

こうあるべき。こうでなければならない。そう思ったとたんに、それ以外は全部ダメ。なんて狭いんだ。

そこに出たものが、表現されたものが全て。それを使っていく。

お前だったらなんでもいい。本当に何でもいい。それが正解。

そう思えてるのか?ってこと。

尊敬や尊重や協力。徹底的に信頼すること。

キヨシロー先生の「愛し合ってるかーい?」ってことだ。

それだ。

風呂上りに、ゴロンとしたら、こんなことが急に頭に降りてきた。

やっぱり失敗しないと人間は成長しない。

きっとまた1から。何度でもだ。

なんだか忘れちゃいけないことのような気がしたからメモったよ。ブログに。きっと、後で見直したら「まじじゃーん」って赤面するやつだ。

でもアップしたろ。

ほなー。

携帯から閲覧してる老若男女の皆さん。メッセージはこちら。

| | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

渡にとって、ロクディムにとって、無駄にしたくないライブでした。

ロクディムライブ終了しましたっ。

ご来場くださいました皆さま方々本当にありがとうございましたっ。

そして、心からロクディムを応援してくれているあなた。今度ご飯食べましょう。

人は失敗しなければ成長しない。と言いますが、まさに今回のライブは渡が、ロクディムが成長するにはかかせないライブだったと思います。思う存分吸収してやろうと思います。

精進あるのみ。前に進むのみ。です。

もっとコントロールを外す。もっとひとつひとつ掴む。そしてそんなことどうでもいいくらいに遊びきる。一緒にやる仲間たちと。

渡、まだまだだと思い知った31歳の梅雨。天才だけど。

おちょこくらいの器をひっくり返しましょう。やりましょう。

ほなー。

携帯から閲覧の方はこちらからメッセージどうぞ。

| | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

グランドチャンピオンKEN渋谷に降り立つ。

さてさて、今週からロクディムバトンが始まっておるわけですが、いろいろ活動を始めたロクディム。先日は久しぶりの路上練り歩き大会でしたっ。

クロコ周辺を闊歩してチラシを配るのですが、今回はロクディムのために協力な助っ人が現れましたっ。

知る人ぞ知る、ニューヨークのカリスマ、グランドチャンピオンKENがやってまりましたっ!!

112490521


東横の改札から出てきた瞬間。渋谷はざわつき始めました。人々はKENを見ました。遠巻きに。あくまで遠巻きに。最初あまりの周囲のレスポンスの冷たさにKENも「ドシテー?ドシテミナハッピーじゃないのー?」と嘆いておりましたが、そこはさすがグランドチャンピオン。持ち前のグランドチャンピオンらしさを発揮して、歩き始めました。

眉間に皺を寄せて歩いている人達一人一人に「ハロー!ゲンキナノー?」と話かけていきます。

そうするとどうでしょう。下を向いてた人達が顔をあげて、「ハロー」と言い返します。「ハロー」と言った後に笑顔になったりします。それは「ハロー」と言った自分に対しての気恥ずかしさなのか、KENの豊満なボディを見てなのか、人と人がしっかり繋がった嬉しさなのか。それは人それぞれなのでしょうが、とにかく確実に笑顔になったのでした。

学生さんはカメラをもって集まります。外国の方も写真バシバシ撮ります。別れ際は「ケンばいばーい」とすでに親友です。ものすごく英語が流暢な女の子にいきなり「I LOVE YOU」と言われたりもしておりました。出会って10秒くらいの女子に愛の告白を受ける。それがグランドチャンピオンKENです。

途中、中学生の男子に「うわーケツ!ケツ超うけるー!」と爆笑されたり、「なにあれ?」「芸能人じゃなくて芸人だねー」と言われたり、黒人にダンス対決を申し込まれたり(ダンスの後、「You are good dancer.」「You too.」と奇妙な友情ができてました)と乗り越えなきゃいけないハードルも多々ありましたが、KENはこっちが何か刺激すれば、かならず(数秒かかったとしても)レスポンスがあることに感動しておりました。日本も捨てたもんじゃないなんてつぶやいてました。


1時間30分ほどの時間でしたが、多くの人と繋がることができてKENもご満悦。もっていたチラシもほとんどなくなったところで、KENはニューヨークに帰りました。KENが帰った直後雨が降り始めました。KENは天候さえも操ることができるのです。なぜならグランドチャンピオンだから。

また必ず来ると言っていたのでラッキーな人は街角でKENと出会うことができるかもしれません。

ロクディムとしてはKENがまた日本に来れるように、KENがやったことが無駄にならないように、KENをがっかりさせないように、自分たちができることを1つ1つやっていくのみです。多くの人がライブに来て楽しめるように。

KENが練り歩いている様子をハイビジョンで撮影しましたので、いつかアップしたいと思います。もっと簡単にハイビジョン映像を流せる環境を整えないとだわ〜。

11日(金)夜8時〜!


ロクディムライブ

始まります!!

是非遊びにきてくださーい☆

ほなー。

携帯から閲覧のかたはこちらからメッセージどぞー。

| | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

80歳以上のクリちゃんだって全力でチャレンジしてるのだ

常にチャレンジできてるか?

自分の持てる能力を発揮できるよう自分を持っていってるのか?

なんとなく惰性で流されて何かのせいにして収まってないか?

本当はもっともっととんでもないことができる。もっとたくさん。大きくなれる。

その可能性を増やすも減らすも自分次第。

ひとつひとつ。やれることをとことん。じゃないと答えも先もないのだ。今すらなくなるのだ。ただ惰性がず~っとあって、ただ歳をとるだけだ。

どこまでも前向きに進んでいけるのだ。

言ったことは自分にちゃんと返ってくる。

いつかくるエンディング。何したっていつか必ずくるから。

やるべ。

ほなー。

注)クリちゃんはクリントイーストウッドのことです。

 

携帯から閲覧の方はこちらからメッセージどうぞー。

| | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

フライヤー

フライヤー
キャットストリート周辺で見かけることができます。


見た暁には「うわー!ロクディムじゃん!てことはロクディム関係者ここ来てんじゃん!マジすげー!この店マジすげー!」と一言一句間違わずに声量強めにお願いします。


ほなー。

| | トラックバック (0)

第一回ロクディム花見大会でした

R06012010_001

R06012010_002

R06012010_003

R06012010_004

こないだロクディムで花見を企画しました。

この時期に何を見るんだ?って多くの方から親切なご意見いただきました。

いってみたら松の木でした。あとは皆が華でした。

予想以上の人が集まってくれて楽しかったー!!

普段そんなに社交的でないロクディム連中のオープンマインド企画第一弾大成功だったと思います。

第二回もやりたいと思います。

多くの人が興味をもって一緒に気持ち良い時間をつくれたら最高だ。

ロクディムがどうなっていくか、今、かなり過渡期です。

ただやるだけじゃ、意味がない。それぞれがもっと楽しく強く動いていかないと何もならない。

いま、できることをちゃんとやろうってもう一度思い直しております。

やりきらないと先が見えないわけだから。だからやりきろうと。たった二回で終わった8年前のロクディムを超えるように。繰り返すまじと。

ロクディムにも歴史があって、それぞれの想いがあって、その中には乗り越えなきゃいけない課題もあります。でもどうあっても前を向いて進むしかないのだ。ひとつひとつ。ひとつひとつ。

新しいチラシや名刺サイズのチラシもその気持ちの表れが入ってます。ちゃんと説明してないしできないことも今はあります。でも誤解してほしくないのは(ちょっと誤解してる人がいるのだけど)、ロクディムの中の誰も、大事なことを無視したり見ないようにしたりはしてないってことです。乗り越えていきたいことがある。大事なことを、人を、どうでもいいって思ったり、軽視したりなんてことはただの一度もないです。

さて、いつまでも続くわけではないので、後悔しないように動くべか。動くべかー!

てことで、そんなロクディムライブは来週の金曜日にありますよー!!

6月11日(金)夜8時から~渋谷クロコダイルにて~!!

絶対見にきたほうが良いのだ。

チケットは渡に直接どうぞですーっ。


ワタリーボウヤをこよなく愛す、でもメールは恥ずかしくて送れない愛すべき奥手の皆さん。よく分かんない文章ですんませーん。でも書きたかったん。書いておきたかったんやー。

ちなみに渡、ボールを投げる時のフォームが完全に女の子投げでした。やっぱり球技は向いてない。

ほなー。

奥手だってたまには前に出るんだぜ。メール送ってみよう。

| | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

どっちを押す?

どっちを押す?
左は実はゼロじゃないとか?


むむむ。

ほなー。

| | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »