« 6-dim+一周年 | トップページ | 確定申告 »

2009年3月16日 (月)

弟よ

今朝、から電話があった。

深い眠りについてはいなかったが、寝起きの時ってなぜか「自分が今まで寝ていたこと」を隠そうと必死に元気な感じにしてしまうのが面倒くさいので、スルーした。でもなんでアレって隠そうとするんだろうね?ホタルの墓の『兵隊さんがお国のために頑張ってるのに、よく歌なんて歌ってられるね!』的な?『オテント様が昇ってるってぇのに、グータラ寝て!』的な日本的罪悪感だろうか?悪いことしてるわけでないのに。しかし、的が多過ぎるね文章。

それはまぁいいとして、

昼になって弟に電話をかけた。

弟「はい」

渡「あーもしもし兄ちゃんや」

弟「あータケシ?

いつから弟は兄のことを「タケシ」と呼び捨てにするようになったのか?

ここ何年はずっと「タケシ」と言われているのだけど、弟は基本的には名前を呼ばず「どいて」とか「これいる?」とか、いきなり本題に入るタイプなので、たまに言われる「タケシ」という呼び名にいつもじゃっかんの違和感を感じるのだ。

まぁ、それもいいとして、

弟の用件というのは「洗濯機いる?」とのことだった。

話を聞くと、近々引っ越すらしい。(弟は5年程前に上京してきている。)

さらに話を聞くと、実家にいったん戻るらしい。

仲が悪いとかそういうことはないのだけど、あんまり、東京で兄弟で会うとかしなかった。

あんまりお互い連絡とりあうこともしなかったしね。

しかし、今思うと、もともと弟は気持ちを話すのは得意ではない、(喋っても恐ろしく小さく籠った声でボソボソな感じだから、それはそれで忍耐が必要なのだが)だから、人知れずひょっとしたらだけど兄に会いたかったりしたのだろうか?素敵な恋なんかしたのだろうか?悩んで夜も眠れないとかあったのだろうか?結果、風俗に通ったりしたのだろうか?

弟にとっての東京の生活というのは、どういうものであったか?

弟の人生は今何章目にきているのだろうか?

先に上京し、好きなことをやり長男という観点からしたら責任も何もあったものではない、親不幸でいながら弟不幸でもあった兄らしからぬ兄だが、それでも弟の幸せは願うのだ。

今度まとまった時間がある時に聞いてみよう。

ボソボソだったら、酒でごまかそう。

そして色んな想いとともに、洗濯機だけは受け継ぐかもしれない。


ほなー。

携帯から閲覧のかたはこちらからメッセージどうぞ。

|

« 6-dim+一周年 | トップページ | 確定申告 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うちなら名前呼び捨てにしたら新聞に記事が載るね。

投稿: ザリガニ | 2009年3月16日 (月) 08時17分

上京する前だったら確実に俺も新聞に載ってたよ。

投稿: たけし | 2009年3月17日 (火) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418278/28638980

この記事へのトラックバック一覧です: 弟よ:

« 6-dim+一周年 | トップページ | 確定申告 »