« ガラスの靴くらいのロマン | トップページ | さよならに代わる言葉 »

2009年3月29日 (日)

九州男児たるもの

こないだ渋谷でウティバ神ことウッチーと待ち合わせをした。

なんでもウッチーが近々ワークショップを頼まれたらしく、渡に相談ということなのであった。

ウッチーに頼まれては断る訳にはいくまい。そんなたまにしか会わないけど、リスペクトだけは怠らないのっぴきならない関係である。

久しぶりに二人、プライベートで再会。

才能も情熱もある。だけどお金だけがなぜかついてこない二人はマックに行く。

マックの地下は恐ろしく混んでいた。

ウッチーがトレイを片手に空いてる席を探す。

渡も探す。

すると渡の近くで四人席に座っていた女子二人が立ち上がり上着を羽織り始めた。

タイミングばっちり!

ウッチーを呼び、女子たちが座っていた席の横に立ち、女子が立ち去るのを静かに待つ。

しかし、女子たち、まったく空気が読めない。てか、二人に気づいてない。かなり至近距離にいるのに。まったく急ぐそぶりもなく、むしろゆっくりゆっくり喋りながら帰り支度をしている。

ウッチー「遅いな。。」
渡「うん。。まぁ、気づいてないっていうかね。。」

そんな女子たちももたつきながらも、ようやく上着やコートを着て、席を立ち去ろうとし、渡達も一歩席に近づいた。そのとき、

カシャーン!

横からシルバーの携帯がテーブルに滑り込んできた。

ウッチー「!!!」
渡「???」

携帯が滑り込んできた方向を見ると、

そこには

渡とウッチーを足しても叶わないくらいの大きさの

黒人

立っていた。

またかよ!!!!!と。

嫌いになるよ!!!と。

その黒人はもう一個の携帯で誰かと流暢な英語(当たり前)で喋っていた。

渡とウッチーを無視して座ろうとする。

その時!!!

九州男児ウッチーが

「おいおいおい!」

と黒人の前に立ちはだかった。トレイを片手に。

黒人はウッチーに何やら流暢な英語で語りかける。

しかし二人には意味が分からない。

九州男児ウッチーが果敢にいった。そして気づけば渡も九州男児だ。

渡「そりゃないでしょ!」

と、口の中で叫んだ。しかし口の中だったので実際に聞こえたのは

渡「ふりゃりゃしょしでしょ!」だった。

ウッチーは「このポテトやるよ!」って言い出すんじゃないかってくらいトレイを黒人に押し付ける。かなり至近距離。
渡はそんなウッチーのすぐ後ろにいる。

周りの人達も「あれ?これ喧嘩?」的な雰囲気を作り始める。

黒人の目を見た。そしたらなんだか黒人も少しビビっているみたいだった。

ウッチー!いけるのか?そんな人間だったのか?

渡からはウッチーの後頭部しか見えない。

しかし、ウッチーは動かない。

そして黙っている。

黒人はずっと携帯の相手に喋りつつ、軽くウッチーをあしらうような感じのことを言っているようだ。

このままでは、、、、

このままでは喧嘩になってしまう!

「渋谷マクドナルドで殺傷事件日本人二人死亡」「ポケットから拳銃。日本人男性二人死亡」「ビックマウスで大げんか。モヒカンとテンパ死亡」
どのみち、勝ち目はない。

まだしきりに喋っている黒人。いったい何を喋っているのか?後ろにいる分、少し冷静な渡が必死に聞き取ってみた。

すると、

(おそらく)「俺は気にしない。相席でいいだろ?」

的なことを言っていた。

そんなことを言いつつ、すでに席に座り始めた。

渡「うっちー、相席でいいだろ?って言ってるよ」
ウッチー「え?えー?お前が良くてもこっちは困るんだよ」
渡「困るよねフフ。いいよいいよ。あっちいこ」
ウッチー「なんだよなー。。ふふ」

なんて言いながら、二人はさらに奥のせまーい二人席をなんとか確保した。

しばらく無言。

ハンバーガーやポテトを食べる。

黙りながらも二人は分かっていた。

ビビってる黒人に完全にビビっていたことを。

その後、話は普通に盛り上がり、楽しいひと時を過ごした。

しかし今度はウッチーの後ろに座ってる男二人が喧嘩を始めた。

渋谷のマックはドラマに溢れている。単にスラムなだけかもだが。

ほなー。

携帯から閲覧の方はこちらからメッセージをどうぞ。



|

« ガラスの靴くらいのロマン | トップページ | さよならに代わる言葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

それってセンター街のマック?

俺たちが鼻垂らした田舎者だった頃、センター街は修羅の国なみに治安が悪かったって聞いたけど本当なのかね。

投稿: ザリガニ | 2009年3月29日 (日) 08時05分

いや109側のマック。
ちょうど渡が上京するちょっと前はセンター街はチーマーの巣窟ってのは聞いたなー。
いまはセンター街のマックは安全なイメージがあるわ。

投稿: たけし | 2009年3月30日 (月) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418278/28855905

この記事へのトラックバック一覧です: 九州男児たるもの:

« ガラスの靴くらいのロマン | トップページ | さよならに代わる言葉 »