« かまくらだった。 | トップページ | 最低幹事 その2 »

2009年1月28日 (水)

最低幹事 その1

昨日はジェイの新年会。

もとを言えば、ただ渡とマミちゃんが飲みたいというだけだったのだけど、「せっかくだったら皆来たらええがな」ということで、ジェイの皆さんにお知らせしたところ、意外や意外、15名以上の参加希望者!

自動的に発案者の渡が幹事になるわけです。

が、渡今まで生きてきて「幹事」なるものは初めてだったわけです。

お店を予約するのも、いちいち清水の舞台から飛び降りるほどの勇気がいる訳です。

「はい」
「あ、えと、予約をしたいのです。すいません」
「あ、どうぞ」
「えと、すいません。27日の、えと、7時からなんですけど、大丈夫ですかすいません」
「あ、大丈夫ですよ」
「あ、すいません」

予約して、電話を切る。

後ろで応援してたマミちゃん。

マミ「そんなに謝らなくていいんだよ」
渡「あっはい。すいません」
マミ「。。。。」

分かってたんだよ。電話してる最中から「どんだけ?どんだけ謝るの?」って突っ込んでたよ。

まぁ、なんとかお店を予約して、参加者の皆にお店の名前を報告。
そして待ち合わせ時間を指定。

18:45に渋谷モヤイ像に集合。

これは久しぶりというか、ジェイではめったにない「プライベートなのにブルーブ感ハンパ無し状態」になるのではないか?!と密かに夢を膨らました前日の夜。

そして当日

18:45。渋谷モヤイ像前。

寒波が近づいている東京渋谷。

彼女を待ってる男。彼氏を待ってる女性。コンパの待ち合わせ。それぞれが相手を見つけては笑顔になり、去って行く。


。。。誰もいない。

誰もいない。。

周りにいる人、誰も知らない。

心の寒波到来。


18:47

ヒデトモが真剣に本を読んでる姿を発見。

涙が出た。

できればヒデトモの方から話かけて欲しかったけど、本に真剣だし、それ待ってられるほど穏やかな心境でもないから、こっちから話かけるしかない。

でも、もし話かけて、下を向いてるヒデトモが顔を上げてヒデトモじゃなかったら。。。呪怨を超えるほどの恐怖。「あれ、、ナニトモ?」とか訳分からないこと聞いちゃいそうだから、そっっっっと、カスレルような声で「ひでとも」と囁いたら、男が顔を上げた、ヒデトモだった!クララが立った!以上の感動!!

すでに変な状況で変な顔になってる渡に気づいたヒデトモ。恐らく若干気を使ったんだと思う。

ヒデトモ「ひょっとしたら周りにいるのかも知れないスよ」

と、モヤイ像をグルッと廻ってくれる。モヤイ像の柵の中。喫煙所の隅。こんなとこにいるはずもないのに。願いがもしも叶うなら、今すぐ皆に見せたい。渡の哀愁。

永遠に感じるような時間をかけてモヤイ像をグルッと廻った。

ヒデトモ「誰もいないっスね(半笑)」

渡「あれかな」
ヒデトモ「はい?」
渡「渋谷が分からないのかな?
ヒデトモ「。。。。」
渡「ちょっと分かりづらいよね。渋谷」
ヒデトモ「。。。そうスね。モヤイ像は有名なんスけどね」
渡「でも、皆上京したてだから渋谷難しいんだよ。ね?」
ヒデトモ「。。。そうス」

そんな話をしてるとメールが

久道『ハチ公に着いたけど、誰もいないよ〜』

【ハチ公前で無職の女性が打撲死。犯人は未だ逃走中。「モヤイって言ったのに」と叫びながら246を渡ったところを通行人が目撃したと言う情報が入っております】

というニュースが頭をよぎる。

数分後、走って久道登場。

時刻は18:52。

モヤイ像の下にある看板を見ると、『モヤイはモアイを真似た名前であるが、同時に、新島の言葉で「力を合わせる」「助け合う」「共同作業をする』などの意味を持つという」的な説明。

心の寒波は続く。

長いのでこの話も続く。

Ca391177_2













写真は完全に心が折れた男とモヤイ像。

|

« かまくらだった。 | トップページ | 最低幹事 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

しょっちゅうコメントつけて本当に申し訳ないなって思うんだけど、いいですか…?

「ブ ル ー ブ 感」

って何?

投稿: メカザリガニ | 2009年1月28日 (水) 20時50分

今度からメカザリガニに確認してもらってから、投稿するわ。

投稿: たけし | 2009年1月28日 (水) 22時26分

あ!

やっぱり間違いやったんやー

知らない言語やと思って今度聞いてみよーと思っててーん♪


ブルーブ…(笑)

投稿: 京ちゃん。 | 2009年1月29日 (木) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418278/27542767

この記事へのトラックバック一覧です: 最低幹事 その1:

« かまくらだった。 | トップページ | 最低幹事 その2 »