« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

さよなら2008

さてもうすぐ年が明けますな。

実家(兵庫)に帰ってまいりました。


健全であることがとっても難しいってわかったので、来年は健全に挑戦しようと思います。


早寝早起きとか半端なくレベルが高いね。

でもやってやるよ!

朝7時起きが当たり前になったら世界も変わるよ!


平常心。

とか、


自立。


とかは当たり前に継続です。


出るとこ出るベ。来年さん。


とっても少数で貴重なワタリーボウヤ読者の皆さん。

来年もワタリーボウヤよろしくですっ!

よいお年を。


ほなー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

自転車納め

Ca391080











来年はウィルスミス的肉体でいこうと思います。


唇だけ黒人っぽいし。いけるっしょ。


ほなー。


携帯から閲覧の方はこちらからメッセージ頂戴。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

S-1 2008を終えて。

エスワンファイナルが終了しました。

結果。

渡。

3位!

。。。。3位?

え??

3位???

やる気のなかった去年と同じ?

3位!!

ということで、2008年王者は小田マルコビッチさん(旧芸名)に決定いたしました!

満員のクロコダイルで、輝くトロフィーをしっかりと自分の手に納めておりました。


いやーしかし、今回のエスワン、なぜか渡には「特別な想い」があったように思います。

それはずっと一位で王座に居続けた積み重ねが作った想いだと思います。

その過程でどれだけ追い込まれ、どれだけ精神が鍛えられたか分かりません。

きっとそれは渡の血となり肉(にはもうなってほしくありませんが)となって、今後のパフォーマンスで生き続けるのだと思います。

一日たって、闘いの螺旋階段を降りて、少し冷静に、色々思い返したり、そこからわき上がる感情があったり、それを整理できてない感じが多々ありますが、感想的なものを綴っちゃおうと。

1つは、

ショーが盛り上がって良かった。

これがダメだったらやってる意味ないですから。とにかくどんな形であれ渡が深く関わったエスワン2008が大盛り上がりで終了して良かった。

そして結果に関して

渡はずっと最高のパフォーマンスをしてきたし、常に一位をもぎ取ってきてその世界は誰も観たことのない世界で、そのプレッシャーをはね除けて闘い続けたことを誇りに思うし、結果なんてのははっきり言ってかなりどうでもいい事になってしまっているなとエスワン後半からそれとなしに思っていたので、エスワンのショーで3位という結果に関して、自分の中でそれなりに整理をつけています。プロレスの世界にK-1は入れないっちゅうね。

ただ、

一夜明けて思うのは、

思考がまだはっきりしてないのに体が反応したのか


目が覚めた瞬間に涙が溢れてしまったのは




「渡を王者にしたい!」

と思って指名してくれたプレイヤー達。


「3位は渡猛です!」

と発表された時に人知れず涙を流してくれた仲間達。


「チャンピオンになって!」

と忙しい年の瀬に時間を割いて、会場に足を運んでくれた友達。


会場に来られなくても渡をずっと見つづけて応援してくれた方々。


そして


一番近くで勝手にピリピリしてる渡を支えてくれたマミちゃん。

そんな奇特で優しい皆の想いを叶えることができなかったことが、ただただ残念でなりません。

それが一夜明けて目を開けた瞬間に

キャンディキャンディが引くくらい涙が溢れてしまった理由かと思われます。

だけど、

だけども、

それはただ残念で悲しいからの涙ではなく、

理解されている。渡を信じて応援してくれているという気持ちが嬉しくての涙も交じっていて、それでご飯2合はベロリといける!という力になっています。

今年半ば本当に思うのは、

渡はまだ正当な評価をされてないなあ。

ですから。

誰も言わないからこれまた自分で言ってしまってますが、

なんて時代は渡についてきてないんだ!

と、ワナワナすること数知れず。

言っていかなアカン。これは教育せなアカン。じゃないと渡の人生終わってしまう。と思うのです。

それは渡のことだけでなく、素晴らしい即興プレイヤー達の面白さをもっとググッと伝えていかないとと思うのです。恐ろしいほどスゴい事をしてるのだと。かと言ってそこにチカラを入れても笑えないのでガチで適当にやるけどー。ぷー。

だから早く世に出ます。「出たい」でも「出よう」でもなく「出ます」です。

ん〜、本当にエスワンの舞台上では表現しきれないほどのドラマが裏ではあって、色んなことに関わっていた渡としてはこれはもう暴露本「自称チャンピオンが見た真実」を自費出版するしかない!予算の都合上3部くらいしか発行できませんが。

とにもかくにも、2008年の王者はまぎれもなく唐真篤史(旧芸名2)!

だって彼は昨日のショー輝いていた。それは事実。

おめでとう唐真兄弟(旧コンビ名 相方が最後来てたね!)!!

そしてご来場くださいましたお客樣方!ありがとうございました!!


今は原因不明の全身筋肉痛の謎を追っています。

気がつけば今年もあと3日??


ケッ!かかってこいやぁ!!2009!(意味不明)

皆さんお元気で。健康に年越しましょう。

ほなー。


携帯から閲覧の方はこちらからメッセージどうぞ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

色んな色色々

色んな色色々
文字化けみたいなタイトルね。


本日は蜷川実花さんの写真展にいってきたとよ。

ジェイの常連クミコ嬢(デラベッピン)が渡の誕生日に招待券くれたとよ。


いや〜色が鮮やかよね〜。女性からの支持がすごいのね〜。男性客少なし!


しかし、花とかの写真は割りと素通りで、オッパイの写真で仁王立ちしてる渡ってのは、本当に邪道だなぁと自分で思うのでした。


花3分→オッパイ15分→花1分→オッパイ15分

くらいのペース。


しかし色煌びやかな写真よりも日常の写真(古びた店にいる犬とか)の方がなんだか好きでした。


ま、芸能人の写真がバーッと壁に並べられてるやつは普通に『わぁ〜キレイ〜っ』と、ときめいてましたが。


とっても楽しんだとさ!

クミコちゃんどもありがと〜!


ほなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

ここ一週間の脳内

毒を盛ろう。

そう思うようになったのはいつからだろう。

判別のある三十路だと思っていたが、どうやらそうではないらしい。

小田篤史。

LEE。

この二人に毒を盛ろうとしている。

効き目は三分間だけで良い。きたる28日エスワンファイナル。それぞれがそれぞれの今年最後の想いを昇華させる三分間。そこで多少舌が痺れてくれれば良い。

「どもー!小田アスシでーしゅ!!あれれれ?みはさん!ヒョロシッショー!」

ダメだ。それはそれで面白い。しかもLEEにいたっては一言も喋らなくても面白い。

小細工は通用しない。

そう思うまでに2週間ほどかかった。

S-1 GRANDPRIXも今年で三年目。

一回目よりも二回目、二回目よりも三回目。

レベルは確実に上がっている。メンバーも倍以上。そしてS-2という二軍ができることにより、その中の「王者」というステイタスも上がっている。三年目でちょっと歴史ができて、それによる重みもでてきている。

その中で渡猛は1ラウンド目からずっっっっっっっっと一位!チャンピオン!!

誰も言わないし、たぶん誰も気づかないかもだから、もう自分で言っちゃうわよ!
バカ!

これはスゴいことです。エスワン史上まだ誰も成し遂げなかった快挙なわけです。

だって2ラウンド目から「もうヤメない?」って口にしてしまうほどのプレッシャーの中、ずっっっっっっっっと一位!!!キャー!!!カッコいい!!

エスワン初12点(審査員の持ち点は7点なのに!)という快挙、しかも一人芝居で!イヤー!

テロ攻撃になったにも関わらず一位をキープ!!ヒャー!!!

やっぱり自分でいったら「ただの自分大好き野郎」やないか!!
でもええんや!もう言っていく!

しかしね、正直言いますとね、

ランキング?王者?


ふーん。

なわけなんです。本当正直言うと。

だって、即興の芝居に点数がつくなんてハハ。ちゃんちゃらオカシイやないですか。しかもその日の気分で点数変動あったりするしね!

王者になりたい。

それは渡からしたら本末転倒なんです。

常に一個一個面白いショーをやっていた。その結果王者になっていた。それだったら分かる。

だから、もし渡が最終ラウンド王者になっても「王者になって良かったですね」なんて言われてもなんら嬉しくない。

「面白かったです〜!!」

がやっぱり嬉しいやないか。

日本で一番の即興エンターテイメントの場として、超第一線でやっている自負があるわけです。自信があるけです。

だから王者とかチャンピオンとかね、外枠からそんな称号もらわなくたって、知ってるんです。分かってるんです。本当の意味の王者ってのは誰なのか?ってことを。

だから、エスワン?最終ラウンド?王者?



ふーーーーーーーーーーーん


て、ならないのはなぜだぁああああー??!!

ワァアアアアアアアアー!!!


夜は布団を被って親指の爪を噛み、ガタガタ震えるのはなぜだろう?

「あー!!!待って!!待ってぇ!!」と手を宙にほり投げて起きるのはなぜだろう?

そもそも「毒を盛る」なんてのは危険思想以外の何ものでもないわけで。

なんなんだ?この重圧は??

てか、じゃないと面白くないってことよな。

なんやかんや言うてますが、前回のエスワンを見にきた人は、渡がかなり必死で王者を取りにいってるのは、分かるわけで。もうバレてるわけで。

最終ラウンドはさらに盛り上がるのは間違いないわけで。

見に来ないのは、本当にもったいない。

『渡の生き様みしちゃるけんのお!!!』

広島人じゃないのに広島弁がでるほど本気(マジ)!

皆で今年最後の祭をしようやないか。

チケットもうなくなるみたいです〜。

こっちでもメールくれればチケットとるよー。チケットあるよー。

『S-1 GRANDPRIX FINAL 2008』
 12月28日(日)
 会場:渋谷クロコダイル 
 OPEN:18:00
 START:19:00

詳細は東京コメディストアジェイ公式HPまで。

とりあえず、初心に帰るということで、またバガボンドを読もうと思います。

ほなー。

携帯から閲覧の方はこちらからメッセージどうぞー。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

ラジオデイズ

ラジオデイズ
生放送ラジオ『Pop Up Sunday』毎週日曜日16時から18時までの、一番人間が暗くなると言われている二時間をググッと明るくやりまして。
来週はエスワンがあるのでその分の二時間を収録しまして。
この時間に帰宅という。

で、明日はガレージブルーの収録さ〜!

連チャンラジオ!恵まれておるね〜。

妙に温かいのが腹立つね〜。

春?

ラーメン二郎でエネルギー補給したい。


ほなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二足歩行ができるって幸せなことよね。

昨日、バイトで全く業務外のポスティングという荒行をしたわけです。

知らない人の家のポストにチラシを入れるわけです。

よく分からないですが、とっても違法な匂いのする行為(調べたら行為自体は違法ではない)。

渡がビビるには十分なわけです。

知らない土地で、知らないマンションにサって入って震える手でポスティング。
途中で怖くなって出たりしたし。そんなことしたら余計に怪しいし。でも出ちゃうし。

ハンパない量のチラシ。重さもハンパ無し。

パトカーが渡の傍を通り過ぎたと思ったら、停車。バックでこっちに徐行してきた時は、普通に走って逃げました。

古い民家のポストに入れたら、おばあちゃんが鬼のような顔で出てきて
「何回取っても!何回取っても!!!」って叫んでました。鬼がおばあちゃんのような顔だったのかもしれません。渡は渡で、イヤホンしてないのに、音楽が爆音で何にも聞こえませんという芝居で切り抜けました。

しかし、そんなプレッシャーの中の業務だったからか、思い荷物抱えて7時間ほど歩きっぱなしだったからか、後半左足裏が激痛。

歩くたびに激痛。

今日も激痛。。

そんな中、本日はジェイのショー「S-2」の最終ラウンド。

渡は審査員でした。

今年から始まったエスツー。

しかし、とっても歴史を感じてしまった。

「やらなくてもいいんじゃないか?」「あったとしても公民館かりて無料でやれば」

そんな声をはね除けて、たくさんの傷を作りながらも皆で作っていったエスツー。

最後は満員御礼。来年はジェイの公式ショーとしてクロコダイルでやるという。

エスツーの皆さん本当にお疲れ様どした。

来週はエスワンファイナル。

その話をしたら明日の朝になっちゃうから割愛!

とりあえず怪我なおそ。

ほなー。

携帯から閲覧の人はこちらからメッセージどうぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

一生もの。

本日皮膚科へいきましたの。

前にもブログで書いたが、グイーンってやった左頰のニキビの痕(詳しくは11月の日記「帰ってきたテンパ。出て行かない白ウサギ」まで)がなかなか消えないので。

これも前にいったけど病院は女性ばかり。先生は中国人。ちょっとカタコトの日本語で話すチャーミングな先生だ。

名前を呼ばれ、診察室に入る。

先生「今日はドしました?」
渡「あのーニキビの痕がなかなか消えなくて」
先生「どれどれあー、傷にナテルねー」
渡「はい」
先生「これはもう治らないね」


。。。。

。。。。。。。。


え??

一瞬耳を疑った。

先生がそのときだけあまりにも流暢な日本語を喋ったこともそうだが、それよりもその内容に愕然とした。

もう。。。?治らない??

渡「えっ?え??治らないんすか?」
先生「(微笑)ソウネー」
渡「え?どうやっても。。?」
先生「ん〜難チイねえ」

え?こんなに簡単に一生消えない傷ってできるの?

よくヤクザものの映画なんかで

「一生消えない傷つけちゃるけえのおお!!!」

とドスをもった人が叫んだりしてるけど。

渡のグイーン!で?それだけで?マジで?

その間10秒くらい。渡は絶句していた。パニクっていた。
しかし、先生は微笑んでいる。

先生からしたら
「アナタ、顔ポコポコ!だから別にイイネ!一生消えないキズ平気ヨ!名前も渡猛で強そうヨ。あ、アタシと同じ国の人ねーふふふ」

くらいのものなのだろう。

さすがの先生も見抜けなかったのだ。
渡は見た目、汗だらけドロだらけで布団も万年布団で掃除機も半年に一回かけたらいいほうなナイスワイルドガイだけど、ナイスかどうか知らないけど、
一枚皮を剥げば、涙目のキューピーちゃんだということを。

もうめっちゃ肌気にしてるもの!

風呂上がり、ちゃんと化粧水、乳液、体も保湿クリームだもの!しかもキュエル!

そんじょそこらの女子より金かけてるっちゅーねん!言ってて恥ずかしい!

そんなわけで、愕然としてる渡を見て流石に先生も心配になったのか

先生「ちょと、様子見ましょう。何ヶ月か。で、それでもムリだたら、レーザーでピーしたら、まぁ平にはなるかも」

とのこと。

会計を済まし、薬局で薬を待ってるところにマミちゃん登場。

マミ「どうじゃった?」
渡「マミ、、」
マミ「うん?」
渡「(涙目)一生消えない傷ができちゃった」

全盛期の浅野温子でもそんな乙女な顔はできなかっただろう。

そんな渡にマミ爆笑。

いやー、人間って簡単に壊れるのですね。
そういえば、小さいころにホッチキスでやってしまった傷とかまだ残ってるもんなあ。

てか、もうグイーン絶対禁止!一生禁止!
と心に誓ったのでした。

ほなー。

携帯から閲覧のカタはコチラからメッセージドゾー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

最近のいろいろ。で、今年も後2週間ちょっと。

Ca391039















Hiroshima_










広島から帰ってきてます。

広島でも東京の仕事的なことを携帯を駆使しつつやっておりましたが、それなりに時間はゆっくりと流れていたみたいです。東京の時間の流れは圧倒的だと思うわけです。

アレとかコレとかそれもあったとか、あれはどうする?とか、色々。東京ねー。

で、昨日は6-dim+LIVE!!10回記念!スィート10!

いかに新鮮さを保つか?ということを学んだ気がします。

即興であれば即興であるほど、やっぱり楽しいね。

昨日はこの人頑張ったね。

Atusi_2







最初の2個目のゲームで廃人だったね。本当に泣いてたもんね。









いやーしかし、何回やっても感じるのが、いつも助けてくれるスタッフさん、ありがとうてことよね。おかげで10回できました。一人一人に西川きよしさんのマネ付きで「ホンマに!ホンマにありがとう!!!」と言いたいほど、本当に感謝してるんだけど、よく分からないところで恥ずかしがり屋で、どうにも上手く伝えられないから、個人ブログでひっそりと感謝の言葉を綴らせてもらいます。

ありがとお〜!!!!

ご来場いただいた皆様もいつもいつもありがとうございます!!来年もさらによろしくなのです!!

で、今日は今日でバイトだったのだけど、久しぶりに自転車で行ったわけです。

ふくらはぎパンパンす。だけど、やっぱり良いす。

圧倒的な流れの中で、自分の時間をしっかり作れるようなそんな気がするす。

だって自転車だと、いつでも寄り道できるしー、終電ないしー、運動になるしー。

リフレッシュになったのでした。

さて明日はラジオ2つだ〜い!!!

流星の絆が面白過ぎる。二宮くん。悔しいがあんたはやっぱり良いわ。

ほなー。

携帯から閲覧の人はこちらからメッセージどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

HIROSHIMA

いまだ広島の旅は続いております。

先日のブログでマミちゃんのお姉ちゃんの結婚式に参列。

続きを少々。

チャペルは禁断の一番前に座り、披露宴では親族テーブルを陣取る渡。

次々に出される料理を見て
『私は具になりたい』と切に願うも叶わず。

マミちゃんの甥っ子姪っ子と常にコンタクトを取り続け、『あなたたちは知らないかもだけど、実は私は遠い親戚なんです。見て。この甥っ子姪っ子達の親しげな表情を。だからどうか襖は開けないで。』作成を実行。
お通のごとし、甥っ子と必死に糸を紡いでいくのであります。

そんな中、素敵な披露宴は進んでいき、二回目のお色直し。
しかしここの料理はめちゃんこ美味い。最初からかなり渡好みだよ。このお肉なんてどういうことだい?実にワインと合うではないか、なあ甥っ子、、、はっ!

甥っ子くんも姪っ子くんも、、、いない!

マミちゃんもマミちゃんの母様、父様も他のテーブルへ挨拶へ。


気がつけば渡テーブルに一人。。

その時、

渡の右肩に衝撃が。

振り向くとマミの親戚のおじさんが!

マミ『キヨヒサのおじちゃんには気をつけるんよ。やっかいじゃけえじゃけえじゃけえじゃけえ』


マーロンブランド(ゴッドファーザー)的な雰囲気のこの方はぁああ!間違いなく、キキキキヨヒサのおじちゃん!


左手は渡の右肩に。右手には瓶ビールが。

その瓶を何も言わず渡のコップに傾け、ビールを注ぐ。


渡『あっ。どもありゃとございます(言えてない)』


そんな渡を無言に見つめるブランドー。

ビールを注ぎ終わり、渡の隣(マミの席)にドカッと座る。

渡『(ビールの入ったコップを持ち)いただきます。おめでとうございます』

とビールを飲む渡。

その時、ブランドーの口が初めて開かれた。


ブランド『で』

渡『は、はい?』

ブランド『お前はどこの誰じゃ』

タララァ〜タララァ〜♪(仁義なきのテーマ』


ブランドの口から出たのは仁義なきお言葉でした。


お前はどこの誰じゃ?

渡はどこの誰か?


何をしにこの世に生まれ、どこにいこうとしているのか?

あまりにもどストレートな質問に、宇宙を見る渡。

しかし、ここで『様々な人に笑いを提供するメッセンジャーです』とか『即興の価値観を根底から覆すスナイパーです』といったって何も理解されないわけで。というかそれは親族でなくても訳わからない応えなわけで。
大分パニクった渡が考えを一周させて口をついた言葉は

渡『マミの、、永田マミの、かか彼氏です』

だった。


その応えを聞いたおじちゃんはニコッと笑った。笑った!今まで全く笑わなかったおじちゃんが!笑うとなんとも愛嬌のある顔になるのであった。

良かった。一番気をつけなきゃいけない人をクリアーした。


おじちゃん『ホンマかのう?』

タララァ〜タララァ〜♪(続・仁義なきのテーマ)


ホンマかのう?へ?渡がマミの彼氏ってことが?

ホンマじゃなかったら、誰だと思っているのか?

全くの他人がお腹すかして勝手に結婚式に乱入。親族テーブルで飯を食う。そんなバカな。

本当の意味では彼氏とか彼女なんてのは虚構で、そもそもこの世のありとあらゆるもの、万物は全て虚構。そんな中あえて役割や関係を決めて遊んでいるだけの話。それをわかった上で貴様は自分のことを本当にマミの彼氏と言うのか?ってそういうこと?


その後の記憶はあまりなく、ただマミが割り込みで助けに入ったことだけは確かで。

式も披露宴も二次会も素晴らしかった。

そして今日、原爆資料館に向かってます。

どんなギャップよね。


ほなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

どういう顔が正解か分かる人。今すぐメールちょうだい。

どういう顔が正解か分かる人。今すぐメールちょうだい。
マミちゃんのお姉ちゃんが結婚するということで昨日から広島に来ております。

で、いままさに式の真っ最中なわけで。
親族ではないですが、親族席にいたりするわけで。

今の渡をモニターで見たら、ただ座ってるだけでも笑えるシチュエーションが出来上がってるわけで。

見たかったなあ。モニター。


あ、披露宴が始まる。


ほなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

認めちゃいけないことがある。

男にとって最も情けない経験はなんだと思います?

大(ダイ)ちゃんという男がいるんです。東京コメディストアジェイのメンバーでいるんです。体が大きくて力持ち。でも性格はとってもとっても優しい男なんです。

で、渡が強調したいのは、優しさではなくて。力持ちの方なのです。

この男、ほんっっっっっとに強い。

いや渡だってね。力強いほうなんです。腕相撲だって学生のころからなかなかのもんなんです。

しかし、大ちゃんにかかってはレベルが違う。強さのレベルが。

前に大ちゃんと腕相撲した時にゃ、壁と闘ってるのか?と錯覚したほど、ビクともしないわけです。涼しそうな顔をしてるんです。大人になって腕相撲してる恥ずかしさはさて置いて、まっったく歯が立たないんです。

聞いたら大ちゃん、産まれた時の体重が4500gくらいあったとか。

産まれたばかりの巨神兵くらいの重さ。次元が違う。

で、本日、東京コメディストアジェイのライブが終わり、テンション高く楽屋で皆と話してたら、胸板の話になって、大ちゃんと渡の胸板どっちが厚いかってことになって、お互い目一杯チカラ入れて胸筋を肥大させあってたら、ある女子が

「あ、あんまり変わらないじゃーん」

とのこと。この発言に渡かなり調子に乗りまして、よく分かりませんが、ショー終わりのテンションもあって

「今なら巨神兵を倒せる!」

と感じ、いざ大ちゃんをひっぱって舞台上へ。

お互い舞台上に寝転がって、いざ腕相撲!!

女子が群がる。黄色い声がこだまする。しかし、その黄色い声の大半が大ちゃんに向けられているのです。日頃、渡に悪態やセクハラをされている女子たちが、必死に大ちゃんを応援しているのです。

「大ちゃん頑張れ!」「倒して大ちゃん!」「折っていい!折っていいよ!!」

こんなに愛されてないんだと感じながら、渡もフルパワーで大ちゃんを倒しにいこうと。

レディー、、ゴー!!!!!

レフリーのかけ声とともに渡は全エネルギーを右腕に集中させ、体ごと大ちゃんを倒しにいく!!倒しにいく!!!たおし、、、。

真夏に畳の上で食べるかき氷。

秋にスズムシの音を聞きながらお月見。

桜の下で座禅。

人間が涼んでいるときの目。その目を大ちゃんがしているのを見たとき、

「ああ、住む世界が違い過ぎる。。。」

と感じたその瞬間、大ちゃんの目が光る。

気がつくと渡の体はチカラを入れてる方向とは全く逆の方向に投げ出され、視界にはただ天井にぶら下がっている照明が見えるのみ。

その直後に、腕に鈍痛がやってくる。どうやら軽く靭帯を痛めたらしい。

次にやってくるのは、女子たちの奇声。

「ざまみろ!」「へぼ!」「ばーか!」

意識が戻るにつれてその罵倒はどんどん大きくなっていく。

起き上がって周りを見ると、人一倍渡を罵倒している女がいる。

ウララだ。

ジェイのメンバーのウララが、ガリガリの体を必死にバタバタさせて喜びを表現している。むき出しの歯茎からは唾が飛び散り、この口からは「だっせえ!」だの「弱いんだよ!」だの汚い言葉が発せられている。

腕相撲で負けるだけでもかなりの屈辱なのに、さらに罵倒してくるこの女子に渡は我慢ができなかった。

舞台から降りて、ウララのもとに小走りで駆け寄る。

渡「お前ちょっといい加減にしろよ!」

ウララの腕を掴む。

ウララ「ペッペッ!やめてよ!触んないで!」

渡「お前がそうやって人をバカにしたこというからだろ!」

渡はウララのケツを掴もうとする。

ウララ「やだ!!」
渡「ちょ」

そのとき

ウララの膝が

渡の

片玉

出会った〜。

突然の出会いに慌てる片玉。果たして〜。

真っ白だった。渡は真っ白の中、そのナレーションを聞いた。

あまりの痛みに、冗談にできない感じになり、

それでも

腕相撲に負けた直後、女子にキンタマを蹴られる。

という肩書きは我が人生であってはいけない。認めてはいけない。とのプライドから、

渡「(半笑いで)おまえ、ちょ、ちょっと気をつけろよ」
ウララ「え?え?あ、当たった?大丈夫?」
渡「え?何が?ギリギリ大丈夫だけど(全然大丈夫じゃない)」
ウララ「え。本当に当たったの?」
渡「いや、もういいけど。うん」
ウララ「ご、ごめんね」
渡「なななにが?フー(呼吸の音)おつかれ」

完全に会話が成り立ってないのも分かっているんだけど、信じられないほどの鈍痛が片玉にあり、冷や汗も出ているので、楽屋に戻る。

楽屋で玉が2つあるか確認する。ある。安心する。

ただ、今こうやってブログを書いてるときでも、

片玉が泣いている。

それが分かるんだ。

そして認めちゃいけないんだ。

腕相撲で負けた後に女子にキンタマを蹴られるなんてことを、認めちゃいけないんだ。

そう思うんだ。

ほなー。

携帯から閲覧の片玉、、方はこちらからメッセージどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

走ってる最中に風邪なんてありえない。

外部イベントでのパフォーマンス、大成功で終了!自画自賛!でも本当だから仕方なし!

しかし、終わってホッとしたのか、少し気が緩んだのか、風邪ぶり返し!

本日予定していた忘年会キャンセルしてしまいました。KUちゃんごめんねホントに。

その忘年会に参加する、渡のブログにもたまに出没する小田学から渡の家に電話あり

小田「なんで来ねえんだよ!」
渡「いや、だから風邪ひいて」
小田「忘年会ってのは絶対なやつだからさ」
渡「んん。まぁ、絶対ってのはちょっと」
小田「目が見えないの?」
渡「え?」
小田「片目が失明とかだったら仕方ないけどさ
渡「。。。。」
小田「ただの風邪でしょ?」
渡「。。。。。。」
小田「ねえ?」
渡「。。。。。。。。。」
小田「こっち向けやコラァ!!

今日ほど家の電話をナンバーディスプレイにしたいと思ったことはありません。

風邪薬飲んでちょっと寝て、幾分かましになりました。

今週の金曜日はジェイライブ!風邪などこじらせてなるものか!

渋谷クロコダイルにて19:30スタート!詳細は東京コメディストアジェイ公式HPまで〜。

遊びにきてね。本当に。こんなに面白い即興ライブめったにないんだから。自画自賛!でも本当だから仕方なし!

皆さんも気をつけてね風邪〜。

ほなー。

携帯から閲覧の方はこちらからメッセージどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

マンマンマン

明日は某大手の社長夫人の前でパフォーマンスする予定です。パントマイマー渡になる予定です。山口もえさんがMCをする番組でムーブマンという伝説のキャラでレギュラー出演していたのは渡です。白塗りピエロです。無言キャラです。ブラザートムさんはとってもとっても良い人です。それももうかなり昔の話になるのよねえ。いわゆる芸能界ってやつを垣間みた日々だったね。
しかし、ふと思ったけど、人生でオフィシャルに「〜マン」って呼ばれる機会ってそうないよね?
考えたら、渡すでに「ムーブマン」とか「ケイブマン」とか「モテリーマン」とかいただいちゃってるですね。



。。。。大丈夫か?俺。



もう完全にレールのない道ね。

いけばわかるさ。ね。

あー風邪っぴきっぽいー。

寝まーす。

ほなー。

携帯から閲覧の方はこちらからメッセージどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

おそらくやりたい夢を全部叶えたんじゃないだろうか?

Photo_5



















3_2






2





























こんなに笑える人前式は後にも先にも唯一でしょう。やっぱり笑ってしまった。いくらなんでも笑うタイミングによっては失礼になる可能性もあるでしょう!って思ってたけど、あきらかに久道発信で笑いが起きてた。こりゃしょうがない。遠慮なく笑わせてもらったよ。笑わそうとなんて一切してないんだろうけどね。テンパり方が半端なかったものね。だから最初から温かい空気に満ちておりました。

披露宴での即興パフォーマンスでは、新郎梅ちゃんが久道に「初ちゃんとプロポーズ」を即興ミュージカルでサプライズ。そういうことしたくないかな?と思っていたけど、梅ちゃんに打診した時に快く首を縦に振ってくれました。男梅木流石だ!

そのおかげで久道

号泣&絶叫。

久道の母への手紙も良かったな〜。とてつもなく良かった。

面と向かっては、照れくさかったりタイミングがなかったりで、一生言えない言葉を大切な人に言うためにも結婚式ってあるのかもね。

ふと思った。

ということで、なんとも素晴らしい結婚式でした。

ほなー。

携帯から閲覧の方はこちらからメッセージどうぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »