« 男が「漢」になる時、言ってはいけない事がある。 | トップページ | メールマガジーン! »

2008年11月12日 (水)

そんな本郷猛になりたくて。

アーティストというのは自分で自分の身を守れるようにしなくては生きていけない時があるみたいです。制作とかマネージャーとかがいても結局最後に表舞台に出ていくのは自分なのだから。もの凄い賞賛を得る事もあるが、手遅れなほどに傷つくこともある。

この間、東京コメディストアジェイでやった外部イベントだって、最初その話を京ちゃんが持って来たときに、渡はかなり細かく聞いた。かなり。京ちゃんがイラッとするくらい。じゃないと、やっても意味のないどころか取り返しのつかない大惨事だって起こりうるのだ。起こったことだってあるのだ。

何のために?やったらどうなるのか?それをやりたいのか?当日の状況がどうなのか?どういった趣旨のイベントなのか?客層は?などなど、具体的にイメージできるところまでして、それでやるかどうかを決断するのだ。
例えばそれが何の地位も名誉にもならないものでも、たった一人のために、「その人がー好きだからー」な気持ちだけでやることもある。好きな人とやりたいプレイヤーがいたら、地位も名誉もいらないのだ。それはそれで一緒に目を瞑って思いっきりダッシュする興奮とか楽しさとかがたっぷりあるのだ。

どっちにしたところで、イメージできるところまで情報を集めて臨むスタイルではあります。

結果、ジェイでやった外部イベントは大成功でした。京ちゃんも大喜び!それが一番嬉しい。

メリットがあるから、もしくは、好きだから、

それ以外のどうしようもない考えられないやり方の、酷い状況や環境での出演というのは、できるだけもうやらないようにしようと思うのであります。

拉致監禁されて無理矢理体を改造された仮面ライダー。それで、強くなったから良いけど、思いっきりメス入れられて結局良くもならないし、ショッカーもショッカーで全く責任をとろうともしない。ボスもボスでめったに姿を表さない。そんな仮面ライダーなんか、そんな本郷猛なんか渡猛は見たくないからね。

渡の変身ベルトはもうグズグズです。

プロベラ部分が噛み合なくて「カタカタカタカタ」なってます。

変身しても右腕だけ半袖とか、顔の三分の二は丸見えとか、バイクもエンジンかかるまで20分は普通にかかるし。

そんな状態でも、闘わないといけない時があるんやなぁ。それが大人なんかなぁ?そんな大人になりたいんかなぁ?

そんなこんなでも、舞台にたったら最高なものを提供する。

それは大人やなぁ。大人ってか、それはかっこええなあ。

しかし、今度が恐らくこんな状態での最後の闘い。ショッカーもボスもやる気ないけど。でも、数少ない味方と夢のある子供たちのために。子供と自分の明日のために。渡猛は頑張ろうと思うのであります。

ほなー。

携帯から閲覧してる方はこちらからメッセージをどうぞ。

|

« 男が「漢」になる時、言ってはいけない事がある。 | トップページ | メールマガジーン! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

夢のある子供としては、渡猛が闘ってたらそれだけで充分カッコ良いと思ってるぞ。
勝っても負けても。
変身に失敗しても。
それがヒーローってもんだ。

例えショッカーが新しい改造人間を作って、新シリーズが始まったとしても、僕にとってのヒーローはやっぱり初代なんだな。

投稿: タジマ | 2008年11月13日 (木) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418278/25272369

この記事へのトラックバック一覧です: そんな本郷猛になりたくて。:

« 男が「漢」になる時、言ってはいけない事がある。 | トップページ | メールマガジーン! »