« 夏の思い出 | トップページ | 築地のジェイ »

2008年9月12日 (金)

テンションが高過ぎたときの着地点

我が家の近くには、なんでも日本一でかいと噂のダイエーがあるのだ。

この間久しぶりのオフだったので、マミと一緒にダイエーへ遊びに行ったのだ。

やっっっっすいデートなのだ。これでいいのだ。

最上階にレストラン街があって、そこで昼飯とも夕飯ともとれないゴハンを食べている時。

子供(5〜7歳)が三人ほど恐ろしいほどのハイテンションで親の周りをグルグル回っていた。

親(26〜30歳)もさほど気にとめず、止めようともせず、親同士で話し込んでいる。

それでイライラしたわけではないが、子供たちのテンションがだんだん高くなっていることが、なぜか渡は気になった。

「およそ面白いこと言われたわけでもなさそうなのに、何が楽しくてそんなにテンションが高いのか?」

どれだけ声をかけて問うてみたかったか分からない。

そんな渡の興味をつゆ程もしらない子供たちはレストラン街を抜けて走り出していった。

親もさほど気にとめず、止めようともせず、親同士で話し込んでいる。


それからしばらく子供の存在も忘れてモクモクと昼飯とも夕飯ともとれないゴハンを食べる渡とマミ。

食べ終わったころ、子供の一人が帰ってきた。

親に何か言っている。

親「えええ!!!!」

 


親、子供かかえる。


走る。


他の親も走る。


すぐそこの文房具売り場走り込む。


その尋常ではない走りっぷりに、


渡とマミは

事件の匂いを感じた。

目配せをする。頷く。マミが立ち上がり、歩き出す。

文房具を通り抜け隣の服屋に興味があるフリをしながら、チラチラと文房具屋の中を見ているマミ。口がムニャムニャしている。どうやら笑いをこらえきれないようだ。

なんとか澄ました顔をつくって戻ってきた。

マミ「えらいことになってるよ

渡は帽子を深く被り、歩き出す。

文房具屋の横を通り抜けようとしながら、横目で中を見た。

渡の目に映ったのは、

めっっっっっちゃくちゃに荒らされ床に散らかった文房具の品々

それを広い集めるハゲ散らかった店員

謝りながら子供を叱る器用な若い母だった。

きっとポストカードなんかを花吹雪みたくやったんだろうな。気持ち良かったろうな。

オモチャ屋のプラモデルをもの凄く興味があるフリをしながら強く渡は思った。

「こりゃ直すのに結構時間かかるよー」

なんて思い、マミのもとに帰ろうとしたら、

渡の近くにレストラン街で一番テンションの高かった男の子がいた。

散らかった文房具の方を見つめてるようで見ていない。

オカンに怒られたのかな?

それにしては感情が読めない。

さっきの意味のない奇声はどこへやら。直立不動で一点を見つめている。

そこへ、その子の母親らしき人物が近づいてきた。


母「あんたも片付けてきなさい!」

上からビシッと怒った母。その時。

子供「グベァ」

直立不動で立ったまま

子供は

ゲボ吐いた。突然子供ゲボ吐いた。


母「キャー!ちょっとあんた!もぉおおお〜〜〜!」

こんなに壮絶な文房具屋見た事がない。

レストラン街に戻り

渡「マミマミ!子供!ゲボ吐いた!」

マミ「あーテンション上がり過ぎたんじゃろ」

渡「へ??」

マミ「出るよ。ゲボ。テンション上がり過ぎると。子供は調節できんけーね」

テンション上がり過ぎるとゲボが出るという事実と、それをシレッとコメントするマミに自然の強さと女性の逞しさをなぜか感じた2008年秋。

本日、ゲボは(きっと)でないが、テンションめちゃ高の男7人衆によるライブがございます!無理矢理繋げた宣伝上等!!

東京コメディストアジェイの即興ライブ!

6-dim+(ロクディム)LIVE!!〜四周年だけどロクディムはまだ7回目。でも7回できたこと自体が奇跡。だから常に祭り気分でいたいのさ〜やっちゃいます。

場所:渋谷クロコダイル

時間:OPEN18:00 START19:30

料金:A席2000円 S席2300円
※共に1オーダー + 10%チャージ別料金

まだじゃっかんチケットあります!

チケット予約や質問などなど このブログの左上プロフィール写真の下にあるメールからでも、携帯からご覧の人はこちらからでもビシビシ受け付けておりますので、バシバシ連絡頂戴。

ジェイの詳細はこっからだ!

携帯の人はこっちなんだ!

よろしく〜!!

ほなー。


 


|

« 夏の思い出 | トップページ | 築地のジェイ »

6-dim+」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418278/23677769

この記事へのトラックバック一覧です: テンションが高過ぎたときの着地点:

« 夏の思い出 | トップページ | 築地のジェイ »