« Defending The Cavemanstore j | トップページ | caveman in 恵比寿 船堀 築地 »

2008年2月 3日 (日)

運命の出会い

運命にも色々ありますな。

素敵なものから時には残酷なものまで。

それは数時間前の話です。


それはケイブマンを終え、ジェイライブを終え、睡眠時間約2時間の後、バイトに行って、働いて、フラフラになった帰り道のことです。


渡の頭の中にあるのは、


「早く帰って休みたい」

でした。



その思いが最後の気力となり、

長い坂道をのぼる。

この坂道をのぼり終えて、突き当たって、ちょい左にいけば

渡の住むマンション。

もうちょっともうちょっと。。

ああ、天竺に行く気持ちとはこのことか。

もうちょっともうちょっと。。。

坂道を上り終え、

突き当たり

左に折れる

その刹那

目の前に広がるのは

天竺


ではなく



渡のマンションの前で


立ちション


をしているヤンキーでした。





金髪。ミリタリージャケット。酔っているのかトローンとした目つき。

しかもどういう趣旨なのか、わざわざ、自動販売機の横でライトアップ。




あのね、

キム兄でなくてもね。



考えられへん!!!!!ですよ。



しかもさ

なんでこのタイミング???

一分でも渡が来るのが遅ければ、もしくは早ければ、

こんなジャストのタイミングで会わないでしょ??


しかも、

見てる!!!こっち見てる!!!!!トローンと見てる!!!!


あのね

キミなんか全然怖くないよ。むしろ可哀想だと思っているよ。そうやって、虚勢をはってでしか生きて行けないというね。弱いやつほど必死に吠えるっていうしね。
あのーホント君なんて怖くないよ。そんな目で見たってさ、何にもならないんだしさ。だからヤメてくれないかな?何を?そのトローンとした目つきもうそうだし、今まさに行われているその行為もだよ!!!

なんてこと考えたか考えなかったか、とにもかくにも渡は、そいつのソバに行かなくてはならない。だってそうしないとマンションの自動ドアに行けない。家に帰れない。

ヤンキーの行為はまだ終わらない。

そして渡とそいつとの距離が縮まっていく。

これはいかん。大人として、男として、これはバシッと言わないといかん。だって、渡住んでるよ。このマンションに。住んでなくてもだけど!
それにコイツは今、男の一番大事で弱いところをモロさらけ出しているわけだし。
どう考えたって、渡が優位なわけで。 これでさらに関西弁で攻めれば完全に渡の勝利。。 よし。。。よし!


渡「おい。なにしてんねん」

ヤンキー「ああ!!?ああぁ〜っん!!!」

渡「考えられへんねん(無駄のない動きでオートロックを解除しマンションの中に入る)」

ヤンキー「おい!!!おいこらぁ!!!!!バーン(自動販売機を叩く音)」


渡「(音もなく自分の部屋のドアを開け、一度も後ろを振り返らず入る)」





こわぁああああああああああああいいいいいいいいいい!!!!!!!!!


なんで??なんで、人のマンションの前で立ちションして、それを注意されて

「ああああぁ〜っん??」

ってキレられるん??

いらない!!そんな人間いらない!!!!人権なんぞ認めない!!

急いで、マミに話そうと玄関で靴を脱ぎ、居間に繋がるドアを開けようとしたら。。。。


開かない。。。。

渡「マミちゃーん?ドアがあかないよ〜」

返事がない。

渡はもう後ろが怖くてしょうがない。

来るはずないってわかっててもドアが「ドンドンドン!!」とか言ったら一週間は完全に白目。

そんな精神状態なのに、ドアが開かない。

渡「ねーねー!ドアが開かないよ〜!!」

開かない。。

はっ!

もしや、ヤンキーが渡の部屋番号見つけて、すでにベランダから侵入?

渡「おーい!ちょっと〜!開かないぃい!!」

イライラしつつ、何度かガチャガチャして、ようやくドアが開いた。

そしたら、

遊びにきてたJEEが

JEE「あはは〜!!びっくりした?」

かんがぁえぇええられへぇんんんんんん!!!!!!!!!

|

« Defending The Cavemanstore j | トップページ | caveman in 恵比寿 船堀 築地 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ボクがヤンキー役なら即蹴りやな

特に相手がトゥモーならな
有名人が知り合いてうれしいわ

ブロッコリーやなかったら更にハイテンションやのによ

あ〜

いじめたい

投稿: S主将 | 2008年2月 3日 (日) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418278/10222742

この記事へのトラックバック一覧です: 運命の出会い:

« Defending The Cavemanstore j | トップページ | caveman in 恵比寿 船堀 築地 »