« 久々の | トップページ | それでも »

2008年2月27日 (水)

ストレスの発散方法

皆さんはストレスを感じた時、何をして解消しますかな?

映画を見る。読書する。料理してみる。筋トレする。仕事に集中する。裸になる。裸で映画を見る。飲みに行く。裸で筋トレする。

などなど色々あります。

本日、渡は恐ろしいほどのストレスに巻き込まれまして。

この救いようのないストレスをどう発散しようかと考えたところ。

自転車に乗る。

という発想にいたったわけです。

そうだ、自転車に乗ろう。自転車で稽古に行こう。

そうです。今日はジェイの稽古。

ウォーミングアップにもなるし、電車のストレスもないし、良いね♪

で、スイスイスイーと自転車を走らせ、稽古でワー!っと思いっきりレッスンを楽しんで、

今日は自転車だし、終電も気にしなくて良いし、お茶でもしてさらに気分転換しようかな〜♪

なんて日記でめったに使わない♪マークを多用するほどのテンションに。

3Fの稽古場をエレベーターで1Fに降り、外に出た。





世界は一変していた。







サーーーーーーーーーーーー。





みんなの目には

ただの雨。


渡の目には


地獄絵図。



知らなかったよ。。。今日雨が降るなんて。。。。




渡「え。。ねえ、今日って雨の予定??」

久道「うん。夜になるにつれて雨が激しくなるんだって。え?やだ。知らなかったのぉ〜。今日傘持ってる人いっぱいいたよぉおおお」

今一番知りたくない情報を沢山久道がくれたよ。ありがとう。


時間がたつにつれて激しくなる??

一刻の猶予もないってことか。。


雨の中、自転車に乗った事がない。

渡が最近購入したこのチャリは、恐ろしいほどタイヤが細いのである。

「雨の日はね〜まず乗っちゃダメですね〜。マンホールとかね〜白線とかでね〜スル!っていきますからね〜」

って自転車買った時の店員さんの言葉を思い出す。。。

自転車を置いて電車で帰ろうかとか、もう色々考えたけど。



今のこのサーッくらいの雨だったら、行けるやろ!


自転車に跨がり、皆に別れを告げる。

カタヨセヒロシや今井純氏が心配してくれている。

「気をつけるんだよ〜」「本当にいくの??」などなど、心配の言葉が飛び交う。

その心配の眼差しの中で、依田哲哉だけが悪魔みたいな顔して笑っていたのを渡は一生忘れないだろう。

ゆっくりと慎重に時には大胆に自転車を走らせる。





10分後。









ズゥザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザーー!!!!!!!!!(雨の音)


グゥオオオゥフウウウウウウウウウゥウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!!!(風の音)


バチバチバチバチバチバチバチバチバチバチバチバチバチバチィイ!!!!!!(雨粒が顔に当たる音)


アアアアアアアアアアアアィィヤァアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!(渡の叫び声)






人生で一番の濡れっぷり。

途中2回笑う。はっきりと大きめの声で。





しかし、持ち前の身体能力とサービス精神で、無傷で家につく。



それにしても満身創痍である。



チャリを家の前に置き、びしょ濡れのジーンズのポケットから鍵を取り出し、



ドアを開ける。



ドアを開けると

マミが部屋のドアをちょっとだけ開けて顔半分だけ出してこっちを見てる。

びしょ濡れで服が全部濡れて真っ黒になった満身創痍の渡を渡として認識できないようだ。ただの黒いゴミにしか見えないのかもしれない。ただジッと見ている。



渡「マミちゃん。。。バスタオルちょうだい。。。」



ゴミが喋った!いやタケシだ!

事態が飲み込めたようで、急いでバスタオルを持ってきてくれた。

しかし、マミの顔色も良くない。体をくの字に曲げてしんどそうだ。そうだ、彼女は今朝から腹痛で苦しんでいたのだ。

いかん。

二人とも満身創痍だ。

こういう時、渡は集中する。

お互い疲れてしまったまま流されると、余計なイザコザが増える。と経験で知っているからなのだ。それでも失敗することが多々あることすら経験でしっているからだ。いいのだ。とにかく集中するのだ。

風呂に入って、体をくの字に曲げながら料理するマミのサポートをして、ご飯を食べる準備を整え、稽古内容をしっかり喋る。

そして美味しくご飯を食べる。


風呂に入って、


飯食って、


落ちつく。


ストレスは


風呂と飯で解消されるみたいだ。

|

« 久々の | トップページ | それでも »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418278/10781541

この記事へのトラックバック一覧です: ストレスの発散方法:

« 久々の | トップページ | それでも »