« 上司 | トップページ | ワニ刑事 »

2007年7月 2日 (月)

電話デビューなのだ

いやー本当にね。

びっくりしますよあーた。

何がって

渡の

社会不適合者ぶりに!!!

今日(もう昨日ですかそうですか)もバイトでしてね。

小田先輩がね

「今日は電話とってもらおうか」

なんて言うわけですね。

電話は〜。。。

難しいんですよ。電話でまず新規かどうか聞いて、名前聞いて電話番号聞いて、使いたい機種聞いて、借りたい日にち、返す日にち聞いて、身分証明書もってるかとか、もう色々なんですよ。

二日目でレベル高っっっ!!

ちゃんと段取り覚えないと!なんてメモ片手に必死になる渡。

「早く電話かかってこないかな〜!ぐぅうう!!」

と興奮する小田先輩。

渡「ダメダメダメ。まだ全然手順が体に入ってないし」

小田「はやく〜はやく〜!」

トゥルルルルルルルルル

小田「ああ〜!!(興奮)」
渡「ああ〜!!(恐怖)」

ガチャッ

渡「はい。お、電話ありがとうご、ざいます。○○○○←会社名。新宿店。担当渡りです。」

客「あの〜」

渡「はい」

客「ネットで注文しようとしてるんですけどー、店舗が選べなくてですね、新宿店で受け取りしたいんですけど、どうすればいいですかね?」

渡「・・・少々お待ちください」

小田氏に電話をパス。

かくして、ドキドキ渡の電話デビューはわずか5秒で終了。

一番最初の電話で、基本の手順でなく、かなりレベルの高い質問が出てきたわけですよ。小田氏でさえもとまどってましたもん。

余計に電話が怖くなる渡。

しかもですね

このお店の名前が

なんていうか、、、

渡的にかなり覚えにくいんです!

ようは、ビデオやカメラを貸すお店なわけですよ。

で、渡的にはデジカムなどの「ビデオ」を貸すイメージが強いわけです。

でも、会社の名前には「カメラ」が入っているわけです。

このイメージと現実のギャップに苦しむわけです。

電話出て、「お電話ありがとうございます」って言って、会社名を言う。

その「お電話ありがとうございます」って言ってる間に

渡の脳は

「えーと、レンタルビデオだっけ?レンタルカメラだっけ?ん〜そうそう!カメラだ!」

という風に一瞬でかなり考えるんですよ。

時間のある時に、ぶつぶつと

「レンタルカメラ。。レンタルカメラ。。。」

と、唱えていたわけです。

そして、また

トゥルルルルルルルル

小田「ああ〜!!!」
渡「ああ〜!!!」

ガチャッ

渡「お電話ありがとうございま、ます。・・・・え〜〜○○○○。新宿店。て、担当渡です」

という、ぎこちない始まり。

そして、また複雑な問題をお客さんから提示され、小田氏にパス。

これが4回ほど続いたわけです。

惨敗なわけですよ。

小田「渡くん。打率0だよ」

渡「・・ええ」

小田「なんかもう、パーッと元気よく、いつもの渡くんで良いんだよ」

渡「そうだよね。はい」

小田「『未來はそこにあるのかい?どうも、お電話ありがとうございます』とか、言っちゃっていいんだよ」

渡「ああ、いや、、はい」

周りのスタッフも打率0の渡を見て

「戦力外なんじゃね?このヒゲゴリラ。2軍落ちなんじゃね?」

という、沈黙の眼差しを送ってくる。いや、ただ渡が勝手に感じてるだけだけど。

頼む。。。

今日はもう。。。。。

かかってこないでくれ。。。。。。

そう思った刹那!!

トゥルルルルルルルルルルルルル



小田「ああああ〜!!!!!」
渡「ああああ〜!!!!!」

しかし!!

ここで名誉挽回しないと!!!!!!

男がすたる!!!!!

受話器を手にとる渡!!

見守るスタッフ!!

通話ボタンを押す渡!!

見守るスタッフ!!!!

ガチャッ

渡「はい!お電話ありがとうございます!ツタヤ新宿店!








時が止まる。







渡の心の声「え??ツタヤ?俺、ツタヤって!ツタヤって!!」

小田・スタッフの心の声「こいつ、ツタヤって言った!!!」



時が動き出す。

その瞬間の渡の心境。


「あかん!ツタヤって!どうやってフォロー??どうやって??んんんんんん」


考えてる時間なんてない。


とっさに出た言葉は



渡「じゃねーや!えーはい!渡です!」








時が止まる。







渡の心の声「あああああ!!!!!「じゃねーや」って!!「じゃねーや」ってええええ!!!!」

小田・スタッフの心の声「しかも店の名前言ってねえ!!!」









時が動き出す。


小田くんもスタッフも、笑いを堪えきれず店の裏にはける。

渡、何事もなかったかのように電話の向こうのお客さんと話す。

しかも、お客さんは、ツタヤには一切触れてこない。

赤面ですよ。

もう、顔、真っ赤っかですよ。

それでも必死にお客さんの声に反応し、初めて一人で対応し終えましたよ。


電話が終わり。

小田先輩が戻ってきて

小田「おい」

渡「はい」

小田「ここさ」

渡「はい」

小田「ツタヤじゃないから!!(爆笑)」


ある意味ホームランね。

|

« 上司 | トップページ | ワニ刑事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うれしー!
まず1失態ー!

投稿: よだ | 2007年7月 2日 (月) 07時53分

さすが…

神だねッ!(爆笑)

投稿: くみこ | 2007年7月 2日 (月) 10時17分

くみこさんへ
自分が信じられなくなる瞬間を久しぶりに味わったよ。
知り合いのバイトじゃなかったらと思うとゾッとする(笑)いや、それでもアカンのだけど。

よだちゃんへ
まずって何だ!え!おい!

投稿: タケシ | 2007年7月 2日 (月) 22時28分

ただいま朝の通勤電車内。みんな眉間にしわ寄せて日経読んでるのに、どうしても耐えきれず吹き出してしまいました。前のお姉さんが「何?危ない人?」目線を送ってきます。
勘弁してください。

投稿: よだあに | 2007年7月 3日 (火) 07時59分

おい、うちの兄貴通勤電車で吹き出しただろ。どうおとしまえつけんだよ。大事な通勤だぞ。

兄弟で読んでるん。

投稿: よだ | 2007年7月 4日 (水) 00時51分

よだあにさんへ
最高の褒め言葉ですねえ。嬉しいですねえ。モチベーションがググッとです。日経に対抗して書いていきますわ。迷惑百も承知で!感謝。

よだちゃんへ
最高兄弟やないか〜!!

投稿: タケシ | 2007年7月 4日 (水) 02時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418278/6999164

この記事へのトラックバック一覧です: 電話デビューなのだ:

« 上司 | トップページ | ワニ刑事 »