« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

Defending The Caveman 〜ケイブマンは悪くない〜

Webができました〜!!!!

日本で一位、世界で2位のデザインセンスを持つ、コメディストアジェイのカタヨセヒロシが手がけたって!

ケイブマンは悪くない

皆さん是非是非見てくださんせ!

そして、是非是非コメントしてくださんせ!

ケイブマンのすべてをここで語りたいと思いますっ。

要チェケラッチョなのす。

そんで、昨日は昨日で小田学監督の短編映像に渡が出演。

とある、コンペに出品。結果は9月末だって。こちらも楽しみね!

ちなみに小田学とコメディストアのメンバーにもなった依田哲哉は幼なじみ。

二人のWebもあるよ〜。兄貴の子供ってのは、小田氏が主催する劇団です。渡は11月にも出演する予定です。チェケラッチョよろしくです。

哲学小

部屋が日替わりで泥棒が入っているみたいなってます。

今から片付けるわ〜っ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

ショーの後の静けさ

ついこの間、色んな業界の人たち(主に社長さん方)が集まる懇談会に参加しまして、

その日渡は即興のワークショップをやっていたため、遅めの参加だったのにも関わらず、

来るなり、渡はずーっと喋りっぱなし。1時間ほど。

社長さん達も、いきなりヒゲのゴリラが来て、めちゃめちゃ流暢な日本語を喋りまくってる姿に唖然。

テーマはケイブマン。

とにかくどうすれば良い宣伝ができるか?プロの人に話しを聞きたくて、

駆け引きとか、そんな難しいこと全然できない渡は、とにかく熱をもって喋る事しかできないわけで。

とても短い時間ではありましたが、温かく受け入れてくれて、色んなお言葉をいただき、とても参考になりました。

それだけでなく、その日に集まっていた半分以上の方が今日(もう昨日)のケイブマンに来てくれました。

本番後も、色んな意見をもらい、その人の知り合いもさらに紹介してくれるみたいです。

ちょっと前までは、全くの他人。

そんな人間に

できる限りの協力をしてくれるってのは

なんて素晴らしいんだろうと

感動でした。この場を借りて、改めて、ありがとうございます。感謝です。

そして、誰かに頼るのではなく

任せるのでもなく

自分の可能性を信じて

自分の目的のために

その力や、想いを

人に伝えて行く。そういう場所をつくる。そういう場所に率先して行く。

今まで、苦手でやらなかったり

なんとなく、それは自分がやることではないと思っていたり、

初めからできないと決めつけていたこと。

でも、それは全然できないことではないんだと。

そういうことがちょっとでも分かり

そしてまだまだ「できること」があると思ったわけです。

新しい表現ばかりの人生なので

生半可な気持ちや行動では

得るものも得られんわなとあらためて思ったわけです。

いや、今までも生半可なつもりはなかったんだけどさ

さらに一歩踏み込めば、また先が見えて

まだまだできるやーんって自分が見えたって話しでさ。

反省も多々ありますよ。

甘い部分や弱い部分もありますよ。いやもう、お風呂入ってても「ノォオオオオン!!!!」っていきなり叫ぶほどの悔しさもあったりね。

でも、それを修正して改善して精進してってそんな毎日なのす。繰り返しなのす。

それで、少しずつですが、大きく深くなっていくのよさ。

面白いことやってるよなあ。

毎週必ず本番(即興芝居&一人芝居)があるって

贅沢だよなあ。

って思います。

ケイブマンも残り半分!

ささ、次だ次。

次は〜ジェイライブだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

きっと神様はいる

極貧。

ボンボンの渡の辞書にはないと思っていた。

極貧。

あった。辞書の隅の方に書いてあった。

アルバイトを始めた。

給料日は25日。

今日は21日。



まずいまずいまずいぞー!!



明日の電車賃とか心配するよ普通に。

財布の中から小銭だして、2回くらい数えたよ。楽しかったよ。頭抱えて笑ったよ。


ここは1つ。。。



家中の小銭たちよ!オラにチカラをくれ!!!


って、ことで掃除するフリして小銭探したりしたよ。誰が見てるわけでもないのにさ。掃除するフリだけは欠かさなかったよ。


でも、小銭たちはいなかったよ。フリだから部屋も片付かなかったよ。ふふ。


しかたなぎゃ。明日の準備でもするべ。



鞄の中の整理でもして〜♪

お風呂はいって寝ましょうや〜♪

渡の〜鞄は〜四次元ポケットさ〜♪

なんでもドア〜どこでもプア〜プアは嫌さ〜♪

色んな書類を整理整頓〜♪

何がでるかな何が出るかな〜??あ〜ラララ〜♪




2000












Photo_1







夏目がいた。

二人も。

少し笑っていた。(渡の目にはそう見えた)

まったく記憶がない。

茶色い封筒に夏目が二人。

夏直前の恋の予感。

言葉なんかいらない。そんな距離感。








渡は思った。




きっと神様はいる。





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

朝ですか

今日(もう昨日ですが)、もう一人のケイブマン渡辺聡さんのショーの手伝いが終わり、家に帰って明日のエスワン(もう今日ですか?そうですか)のことを考えたり、寝る準備しようとしてしないなんて事を幾度も繰り返すうちにもうこんな時間に。。。。

ケイブマンのやっているバロンという所。3日前に改装がありまして、今までと全然違う雰囲気(ソファ隅に並べられて、周りを赤い照明が囲んでいた!エロス的な何かになってた!)になっててびっくりしたり、照明が3つ切れてたりして、ドタバタしましたが、無事!終了!お客さんの盛り上がりも良かった良かった。宣伝のことや、これからのことに、少し光りが差し込んできまして、これも良かったと。

ああ、眠いっすわー。さすがに疲れがきてますの〜。ささ、早く寝ましょ。早くはないけど寝ましょでしょ。

明日(今日なのよね?)もやるべー。

って、寝る前にショーのことを考えると、かなりの確率で興奮して寝れないことを知っているので、できるだけ違うこと考えて、寝るべさよー。べさ?何弁?

はい。考えなーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

世間では

世間では
世間では
3連休と言われていた3日間。

渡は新宿に勤務しております。

早くついたので、近くのアメリカが生んだ偉大なお店でぼーっとしております。

昨日の雨が嘘っぱちみたい。


さぁ今日も1日やりまっかー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

笑えないやつ

(注:本日のブログはネガティブな要素が入っております。それを踏まえて読みたい人だけどうぞです)


世の中にはさ


もうどうしたって


笑えないやつがいるわけで。


嗚呼


もうめっちゃ腹立つ。。


めっちゃ腹立つわぁあああああああ!フリーザァアアアアア!!

一昨日くらいに家に帰ると、渡のバイクと相方マミちゃんのバイクの上に


『警告』


と書かれた紙が置いてあったのよ。


タンザクみたいな形の紙に!

七夕の雰囲気ぶち壊しじゃ!別に味わってないけど!

その紙の下の方に

「ここに駐車すると違法駐車になります。近隣から苦情がきています。」


と、手書きで書いてあったのよ。

さらに下に神奈川県警って書いてあったのよ。

渡の住んでるマンションには

いわゆる自転車置き場ゾーンという所は

マンションの下にあるちょっとしたスペースしかないわけですよ。

そこに三輪車も含めた自転車達が所狭しと並んでいて

確かに渡やマミのバイクはそこから少し外れたところに、これもまた所狭しとあるのすよ。


でもよぉ

神奈川県警なんかによぉおおお

違法行為ばっかりしててよぉおお

自転車二人乗りしてたら向かいの道路から

『オラァ!!オラァ!!降りろ!!オラァ!』

と、自分が新世界の神と思ってるような、ジャイアンみたいな、独裁者みたいな、あとえ〜っと、とにかくそんなアホみたいな偉そうなやつのよぉぁ

言うことなんか聞くかボケェ!!


翌日、自転車のゾーンに少し空きがあったので急いでバイクを移動しました。


とりあえずここに停めておけば安心と。

そんで今日ですよ。

昼過ぎから渋谷に用事があって、いつもながらに渡は遅刻ギリギリで急いで外に出て、雨が降りそうだけど駅までバイクで行けば間に合うと。で、傘もってマンション降りて、バイクに乗ろうとしたら


鍵が入らない。。

ん?

何度挿し込もうとしても鍵が3分の1しか入らない!!


なんでや!なんでや!(すでに汗だく)


さっしの良い皆さん。
もうお分かりですね。

鍵穴に『何か』が埋め込まれているわけですよ!

ジョジョの世界だったらここで


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

って音がなるんです。
『ジョルノ!気をつけろ!なんだかわからないが鍵穴に『何か』が潜んでやがる!……ジョルノ?聞いてるのか!(振り向く)はっ!いない!どこだ!?ジョルノ!!』


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


『な…なぁにぃいい!』

鍵穴からジョルノの手が。

『なぁんだぁぁあってぇぇぇ!』


ズギャーン!

『しまったぁああ!鍵ぃ穴ぁあに吸い込まれれれれるぃぅうう!!新手のスタンドゥゥオ〜』


ジョルノ『違うよ』

渡『え?』

ジョルノ『いたずらだよ』

渡『…』

ジョルノ『ただのいたずらだよ』


そうなんだよね。

ただの悪質ないたずら!

だからこそタチが悪いんじゃあ!

しかし渡には鍵穴をなんとか修理する時間も能力もないわけで。


こうなったらマミちゃんのバイクに乗るしかねえ!と。

ポケットからマミちゃんバイクのスペアキーを出し

いざ、鍵穴へ!


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


ん?

んんんんん!?


『ジョルノォ!!また鍵穴にスタンドが〜』

ジョルノ『違うって』

渡『…』

ジョルノ『いたずらだよ』

渡『こっちも?』

ジョルノ『そっちも』

あのねー

皆さん想像してくださいよ。


小雨の中、マンションの下で汗だくの男が2台のバイクの鍵穴を必死でカチャカチャやったあげく

顔真っ赤っかにしながら


天が割れるような音量で


考えられへん!!

クァンガエラレヘン!!

と叫んでいる姿を。

キム兄の真似とか実際は叫んでないとか、叫ばなかったことを後で後悔したとか、

そんなことはどうでも良いんです。


もぉおおぁおおおお!
全っっ然

笑えへん!!


書いてたらまた腹立ってきたし。


いりますか?こういう人世の中にいりますか?

最終的にマミちゃんから自転車の鍵をかりて、自転車で駅までダッシュ!


あ。。


傘忘れた。


笑えへんねーん。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

延滞

1

ほほお。

延滞ですか。

この雨の中ですか。

バイク?へー。

明日ケイブマンなのに?

ふーん。

皆も気をつけよう。延滞。地獄。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

依田くん

東京コメディストアジェイにルーキーが4人入った。

東京コメディストアジェイのルーキーが4人入った。

東京コメディストアジェイでルーキーが4人入った。

とにかく入った!!

まずはミキ、京ちゃん。

そして依田くん。

そしてドリー。

この4人は、今井純ワークショップを同じ時期に受けた、いわゆる同期である。

ミーティングの時も、4人で固まり、あーだこーだ、いやこーだあーだと話している。よく分かんないけどなんか話してる。

仲が良い。遠目に見てだが、かなり仲が良い。

だが、この4人。

ジェイに入る時期が微妙にズレている。

最初は京ちゃんとミキ。

しばらくあって、依田くん。

そして最近ドリー。てなもんだ!

今日はね、その依田くんの話しよ!おだまり!

時は、ミキと京ちゃんが、コメディストアジェイのショーにデビューする前日でしてええ。

つまり、まだ依田という名前がジェイに存在してない時でしてええ、ええ。

それまでの依田という男は、

渡のただの友達。良くジェイのショーを見に来るただの男。渡が一人芝居をしている舞台のただの演出助手。ただの依田。

である。

渡の一人芝居の稽古の帰り。

渡と依田は「ラーメン二郎」にいた。

ラーメン二郎をご存知か?

もう、もの凄くこっっっってりのボリュームたっっっっっぷりのラーメン。

依田はそれを「風俗」と呼ぶ。

彼はラーメンを週5で食すほどのラーメン通。

稽古を終えた後のラーメン二郎は、もう天国以外の何者でもなし。

カウンターに天使がいて、手招き。

厨房には貝殻のみ装着の天女が微笑む。

ご満悦の二人は席につく。

キャッキャッである。

依田「最後のほうにですね」
渡「うん」
依田「スープに沈んで見えなくなった麺をほじくるのがたまらないんす!」
渡「ああ」
依田「ラーメン可愛いわぁ。可愛いわぁ!」

キャッキャッ

である。

幸せとはこのことかと。

依田くんの顔を見て思う。

650円で買える幸せ。

安くて良い。安くて良いぞ依田氏あ!!

その時、渡は思い出した。

明日、出演するミキと京ちゃんは

依田くんの

同期!

当然、依田くんはそのことを知らない。

ジェイのショーが大好きで、即興が大好きで

今井純のワークショップにも通い、

「いつジェイのショーに出演させてくれるんですか?」

と、今井氏に詰め寄り

「熱がないから」

という理由で今井氏の熱から出る煙にまかれ続けていた依田くん。

そんな熱がありそうなのに、顔からは「冷淡」の文字しか出てこない依田くんの

同期が

明日、ジェイのショーに出る!!!!

当然、依田氏は明日のショーを見にくるだろう。

ラーメンはまだ来ない。

キャッキャッの依田氏。

どうなるんだろうか?

明日のことを告白したら

この幸せな空気はいったいどうなるんだろうか?

じゃあ黙っているか?

黙ってて、明日依田くんがショーを見にきて

輝いてるミキと京ちゃんを見たら。。

依田「キタネエ顔のゴミがぁああ!!!8回死ねやゴルァ!!ペッッペッッ(中指つき)」

もしくは

依田「いやー良かったんす。良かったんすよー。ありがとでしたーふふ」

と、言いながら消息を絶つか。

まだラーメンはこない。

ここは、、、ひとつ。。。。。

渡「依田くんさ」

依田「はい」

渡「これから話す話しはね」

依田「はい?」

渡「だからダメとか、だから良いとか、それだからって凹むとかさ、そういう感情の類いが必要のない話しだからね」

依田「もう怖いんすけど」

渡「いや、別に話さなくても良いんだ。うん。良い話しなんだけどね」

依田「。。はい」

渡「。。。。。」

依田「。。。。。」

渡「。。。。。。」

依田「うわーなんだこれ。え?ああ、すっご怖いわ」

渡「いや、全然、たいした話しじゃないのよ」 

依田「ああ、そうなんす?」

渡「たぶん」

依田「うわーもう。。」

この時点で、幸せ空気は脂っこい匂いとともに換気扇の中にはいり、外に出た。

渡「明日さ、ジェイのショーでしょ」

依田「ええ。はい」

渡「ミキと京ちゃんがさ」

依田「ええはい。え?えええ?」

渡「出演することになりました」

                    間

依田「あーそうなんす?へー」


この間。この刹那。この瞬間の依田氏の目を今でも忘れない。

カウンターの天使が

ドブ川の端で死んでる魚になり

天女が般若になり

風俗が地獄になる。

その地獄で

人殺しを何人も殺した男の目があった。少し白目だった。


ラーメンがきた。

無言。

キャッ

もない。

ズルズルと吐息しか聞こえない。

スープをほじくる様子もない。

恐怖の目もメガネが曇って見えない。

余計に怖い。

感情が読めない。

下手に話しかけると

依田「にゃああああああああああああ!!!!!!!!!!」

店長「うわぁああああああああああ!!!!」

渡「(店長に)すいません!すいません!!(依田氏に)大丈夫!良い子良い子!!」

て可能性も考えられる。


勇気をふりしぼり

渡「。。。。あのさ、」

依田「。。。。。」

渡「依田ちゃん?」

依田「ああはい」

渡「あれ?凹んでる??」

依田「え?いやーふふふ。いやーふふふ。。」

渡「ふふ」

依田「何がおかしいんす?」

渡「。。。いや」

ラーメンも食べ終わり

外に出た。

依田「いやーえ?全然凹んでたりはないんす」

渡「うんうん。」

依田「まー熱がね。ええ。」

渡「熱ねえ。ないんかねえ」

依田「幼少のころから嫌いでしたから。熱ってやつが」

渡「そうねー」

依田「でも凹んではいないんす」

渡「うんうん」

依田「ちょっとタバコいいですか?」

渡「うんうん」

止めてたタバコに火をつける依田氏。

依田「じゃあ。。」

渡「うん」

依田「。。。。」

渡「ちょっと歩こっか?」

依田「はい」

ラーメン二郎の角で

タバコの煙を吐き出し、いろんなことを煙にまく。

依田「自分にない、例えばそれが「熱」だったら、どうやってそれを、、、ええ、自分の中に、、、自分として、、その個性ってのは、、、たぶんアレなんすよね、、」

渡「アレだね。うんうん。アレだ」

依田「ですよね。だから、、どう、、、そのすれば、、、ソレになるというか、、」

渡「ソレがねー。ソレだよね」

その時ラーメン二郎の窓が開いた。

店長「そこにバイク置いてたらダメだよ!」

         間

天国の窓から

怒られた。

依田「帰ります」

渡「うん。帰るよねー」

依田「じゃあ、明日」

渡「うんうん」

走った。バイクで走り去った。去り際の依田氏の顔はやはりメガネが光ってよく分からなかった。


次の日のショーで

彼は客席にいた。

二郎で見たときの目だった。

それからすぐ

彼はデビューした。

Yoda






ミキをタマにして。

京ちゃんをサザエさんにした。

どういう意図があるかは本人のみぞ知る。

ただ、現在、4人は仲が良い。遠目に仲が良い。


依田哲哉。

今の彼に熱があるかどうか。

顔は変わらず「冷淡」。

でも、あの時より間違いなく忙しくなり

人と関わり

すでにファンがいる。

ただの「依田」ではないんだろう。


あれ、なんかこういう感じのブログにするつもりじゃなかったのに!









| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

終わった!そして

終わった!そして
なおった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿の朝

新宿の朝
新宿の朝
バイト3日目。

眠ーい

目をこすりながら

いや

こすってはいないけど、そんなことはどうでも良いんだけど

新宿を歩いていたら


ん?


わかります?


信号が

消えてる!?

ほこてん?

ごく一部だけ


ほこてん?

気になるけどバイトだ。

素通りしようとしたら

なんか配線いじりまくってる人達がいた。

壊れたーんね。

朝から新宿は大忙しね。

左端に写ってるのは、知らないオジサンの頭だーね。


ごめんねオジサン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

本番当日に思うこと

キヨスクの売店てさ、炭酸売ってないよね?
最近、炭酸を欲しててね、渡の喉が。

で、いろんな駅のキヨスク見たんだけど、

いや別にキヨスク限定で探してるわけじゃないんだけど、

たまたま渡の喉が

駅にいるときに

欲するのよ

でも

キヨスク


炭酸だけは

売ってない!

キヨスクないよね?

あれなんでだろか?

誰か売ってるところ知ってたら教えて〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

明日のジェイは〜

盛り沢山です!!


とつぜんデカイ声で失礼。


いや、なんだか、それほど盛り沢山でした。です。

新しく入って来たメンバーのデビューもあり、

連続ドラマあり、

新コーナーあり。

まだ、メンバーすら見た事ないコーナーもあり。


ごった煮です。

見たことないコーナーはどうなるのでしょう?

明日来ればわかるさ!!

ということで

明日のジェイ、みんなで見にこよ〜!

てか、もうすでに満席近い!!

よかよか〜!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

Tadashi Caveman!! 2

Tadashi Caveman!! 2
激しい雨の中、

まもなく開演なり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワニ刑事

Photo






7月6日はジェイライブ。

そのための撮影を本日おこないました。

ジェイライブとは、渡が毎月2回やっている即興ライブのことですね。

詳しくはこちらに載ってますね→東京コメディストアジェイ

ジェイライブには、エスドラ(即興ドラマ)というのがありまして。

即興でドラマをつくって、それの続編が見たいかどうか?をお客さんが判断するという、まぁ、プレイヤーからしたら心臓と胃を鷲掴み状態の企画なんですわ。

渡たちのチームは、カタヨセヒロシと水澤真子というくせ者。

そのくっさいくっさい3人が刑事ものを演じます。

『何か臭うな』です。

で、本日はそのオープニングをどうするかのミーティング兼撮影というやつですわ。

どんな映像か?って。知らないよ!!!

とりあえず編集作業に入ります〜。


注)写真は、フィリピンパブに来てウハウハのサラリーマンではありません。




| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

電話デビューなのだ

いやー本当にね。

びっくりしますよあーた。

何がって

渡の

社会不適合者ぶりに!!!

今日(もう昨日ですかそうですか)もバイトでしてね。

小田先輩がね

「今日は電話とってもらおうか」

なんて言うわけですね。

電話は〜。。。

難しいんですよ。電話でまず新規かどうか聞いて、名前聞いて電話番号聞いて、使いたい機種聞いて、借りたい日にち、返す日にち聞いて、身分証明書もってるかとか、もう色々なんですよ。

二日目でレベル高っっっ!!

ちゃんと段取り覚えないと!なんてメモ片手に必死になる渡。

「早く電話かかってこないかな〜!ぐぅうう!!」

と興奮する小田先輩。

渡「ダメダメダメ。まだ全然手順が体に入ってないし」

小田「はやく〜はやく〜!」

トゥルルルルルルルルル

小田「ああ〜!!(興奮)」
渡「ああ〜!!(恐怖)」

ガチャッ

渡「はい。お、電話ありがとうご、ざいます。○○○○←会社名。新宿店。担当渡りです。」

客「あの〜」

渡「はい」

客「ネットで注文しようとしてるんですけどー、店舗が選べなくてですね、新宿店で受け取りしたいんですけど、どうすればいいですかね?」

渡「・・・少々お待ちください」

小田氏に電話をパス。

かくして、ドキドキ渡の電話デビューはわずか5秒で終了。

一番最初の電話で、基本の手順でなく、かなりレベルの高い質問が出てきたわけですよ。小田氏でさえもとまどってましたもん。

余計に電話が怖くなる渡。

しかもですね

このお店の名前が

なんていうか、、、

渡的にかなり覚えにくいんです!

ようは、ビデオやカメラを貸すお店なわけですよ。

で、渡的にはデジカムなどの「ビデオ」を貸すイメージが強いわけです。

でも、会社の名前には「カメラ」が入っているわけです。

このイメージと現実のギャップに苦しむわけです。

電話出て、「お電話ありがとうございます」って言って、会社名を言う。

その「お電話ありがとうございます」って言ってる間に

渡の脳は

「えーと、レンタルビデオだっけ?レンタルカメラだっけ?ん〜そうそう!カメラだ!」

という風に一瞬でかなり考えるんですよ。

時間のある時に、ぶつぶつと

「レンタルカメラ。。レンタルカメラ。。。」

と、唱えていたわけです。

そして、また

トゥルルルルルルルル

小田「ああ〜!!!」
渡「ああ〜!!!」

ガチャッ

渡「お電話ありがとうございま、ます。・・・・え〜〜○○○○。新宿店。て、担当渡です」

という、ぎこちない始まり。

そして、また複雑な問題をお客さんから提示され、小田氏にパス。

これが4回ほど続いたわけです。

惨敗なわけですよ。

小田「渡くん。打率0だよ」

渡「・・ええ」

小田「なんかもう、パーッと元気よく、いつもの渡くんで良いんだよ」

渡「そうだよね。はい」

小田「『未來はそこにあるのかい?どうも、お電話ありがとうございます』とか、言っちゃっていいんだよ」

渡「ああ、いや、、はい」

周りのスタッフも打率0の渡を見て

「戦力外なんじゃね?このヒゲゴリラ。2軍落ちなんじゃね?」

という、沈黙の眼差しを送ってくる。いや、ただ渡が勝手に感じてるだけだけど。

頼む。。。

今日はもう。。。。。

かかってこないでくれ。。。。。。

そう思った刹那!!

トゥルルルルルルルルルルルルル



小田「ああああ〜!!!!!」
渡「ああああ〜!!!!!」

しかし!!

ここで名誉挽回しないと!!!!!!

男がすたる!!!!!

受話器を手にとる渡!!

見守るスタッフ!!

通話ボタンを押す渡!!

見守るスタッフ!!!!

ガチャッ

渡「はい!お電話ありがとうございます!ツタヤ新宿店!








時が止まる。







渡の心の声「え??ツタヤ?俺、ツタヤって!ツタヤって!!」

小田・スタッフの心の声「こいつ、ツタヤって言った!!!」



時が動き出す。

その瞬間の渡の心境。


「あかん!ツタヤって!どうやってフォロー??どうやって??んんんんんん」


考えてる時間なんてない。


とっさに出た言葉は



渡「じゃねーや!えーはい!渡です!」








時が止まる。







渡の心の声「あああああ!!!!!「じゃねーや」って!!「じゃねーや」ってええええ!!!!」

小田・スタッフの心の声「しかも店の名前言ってねえ!!!」









時が動き出す。


小田くんもスタッフも、笑いを堪えきれず店の裏にはける。

渡、何事もなかったかのように電話の向こうのお客さんと話す。

しかも、お客さんは、ツタヤには一切触れてこない。

赤面ですよ。

もう、顔、真っ赤っかですよ。

それでも必死にお客さんの声に反応し、初めて一人で対応し終えましたよ。


電話が終わり。

小田先輩が戻ってきて

小田「おい」

渡「はい」

小田「ここさ」

渡「はい」

小田「ツタヤじゃないから!!(爆笑)」


ある意味ホームランね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »