« ディズニーかよ! | トップページ | 初! »

2007年6月18日 (月)

江ノ島にそして鎌倉で

紫陽花をあきらめて、江ノ島にいった渡たち。(今回は彼女のMと、ルームメイトのAが同伴)

ズラーッと並ぶ階段をヒーヒー言いながら上がり、弁天様に誠心誠意祈り、一番高い展望台にいったのでした。

Enosima_tenboudai

 



曇ってはいたけれど、吹きすさぶ風と景色に心奪われる渡とM(Aはなぜか不参加)。

気分よろしく、さぁ降りよう!と、ズラーッと並ぶ階段を降りて行くと、一面に海!

海に近づき黄昏れてみる。波荒らし。

Umizoinootoko

かなり江ノ島を満喫した。

辺りは暗くなってきた。

さぁ帰ろうとさらに足を進めると。。。

行き止まり。

え?? 行き止まり??

渡たちは、行きゆく人たちの流れに身をまかせて進んでいた。

だから、てっきり帰り道だと思っていた道は帰り道でなく。。

M「え〜!今来た道を戻るってこと〜??」

ズラーッの階段を再び上るハメに。

お腹も空いて体力の限界にきていた三人にはかなりキツい状況(Aはなぜか汗1つかいていなかった)。

暗い階段の道をヒーヒーッ言いながら進む。

なんとかして、元の道に戻り、江ノ島を降りた。

お腹ペコペコだった。

だけど、どの店もお値段がセレブだった。

三人はセレブではなかったので、鎌倉に戻ってご飯を食べようということに。

鎌倉駅についたころ、三人の疲労はピーク。

座りたい。
ビールが飲みたい。
そして、美味しいヤツ食べたい。

欲。欲だけが三人を動かしていた。

しかし、

鎌倉の夜は早かった。

次々にお店が閉まって行く。

商店街で残っているのは笑笑。

せっかく鎌倉に来たんだから!せっかく鎌倉にきたんだから!!

という、思いが消えて

「いーよ!!もう!!コンビニでいい!!」

くらいのテンションになりかけたその時

三人の視界にふと入ったのは

インド料理屋

だった。

鎌倉でインドって何?どういうこと?

もちろんそんなよこしまな考えも頭をよぎった。

でも、もう良いんだ。行った事のない店だったらどこでも!!

店頭にあるメニューを見る。

値段もそこまでセレブじゃない。

渡「いいよね?もうここで。」

M「うん。うん。」

渡「よし!いこ!」

A「あ」

渡「なに?」

A「俺、帰るわ」

渡「なんだテメエはぁあああああああああああ!!!!」

っと、静まり返った鎌倉にもう一度活気を!!くらいの大声で叫びそうになった。

それをぐっとこらえる。

渡「え?なんで?」

A「いや、特に理由はない」

渡「嫌?インドいや?」

A「そういうわけでもない」

渡「タイ料理だったら良いの?」

A「そういうわけでもない」

M「あれじゃろ?ただのノリじゃろ?」

A「いや、そういうわけでもない」

渡「オラァ!!!!!!」

と、店の看板で頭を破壊。

したい衝動をぐっとこらえる。

A「いや、気にしないで。いつもの我侭だから」

渡「はい。わかりました」

A、去る。

彼のいつもの我侭と、渡の疲労(プラス空腹時のイライラ)が重なると危ない。

怒っても仕方ない。怒る理由もない。

深呼吸して、

店に入った。

店内には、きっと向こうでかなり有名なミュージシャンのPVがTVから流されている(そう見える)。

店員はもちろん、インド人(たぶん)。

店員無言。無表情。

のまま、ジェスチャーだけで席に案内される。

ギネスビール(黒いビール)。レモンサワー。

あと、チキンカレー(甘口)と、ほうれん草カレー(中辛)。それにナンとライス。

食べたいものを決める渡とM。

渡「すいませーん」
店員、無視。

あれ?聴こえてないのかな?

と、もう一度声を出そうとする刹那。

店員が歩いてきた。聞こえてたんかい!

その店員さんは、見た目的にはこのお店で一番の年上。

サザエさんの波平さんのヘアースタイル、白髪バージョン。ナミヘーイさんだ。

シェフの服を着ていたので、ホール専門ではないように見えた。

しかも、注文を書く紙を持っていない。

大丈夫か?

と思っている間にナミヘーイさん到着。

ナミヘーイ「はい」

渡「えっと、ギネスビールと」

ナミヘーイ「はい?」

渡「ギネス。ギネスビアー」

ナミヘーイ「ああはい」

渡「それと、、なんだっけ?」

M 「レモンサワー」

ナミヘーイ「・・・」

渡・M「・・・」

渡「それとー」

ナミヘーイ「はい?」

渡「え?あ・・」

ナミヘーイ「なんて?」

M「レモンサワー。レモンサァウワー」

ナミヘーイ「ああレモンサワー。はい」

もういいよ!それだけ持ってきて!!

と、言いたい衝動ぐっとこらえ。

なんとか、全部を注文した。

少し落ち着き、Mがトイレにいった。

その間に

ナミヘーイが片手にギネスビールの瓶。

もう片手に小さなコップ。

を持って歩いてきた。

なぜか満面の笑顔だった。

さっきは笑顔なんか見せなかったのに。

あ、きっと渡もイライラしてたから、そういう風に見えたのかな?いけないいけない。

笑顔のナミヘーイ。

渡も笑顔を返す。

それだけで気持ちが明るくなった。

人間イライラしてるとダメである。

そうだ。さっきもAにツッケンドンな態度とっちゃったな。後で、謝ろう。

と、考えている間にナミヘーイが渡の席にきた。

コップを置いて

ビール瓶の栓を抜こうとした

その時


(奥にいる店員が大声で)「カモサラフタヤラ!!」


ナミヘーイの顔が一変。

鬼の形相に。

なんて言ったの??!!なんて言ったの??!

そんな一瞬で顔が変われるものなの?

「俺の嫁返せ!!」

って言ったの?

よくわからないが、ナミヘーイは栓を抜くのをやめた。

奥にいた店員が出てきてビールとコップをとりあげた。

ナミヘーイはキッチンに帰っていった。

奥にいた店員は、渡に見えないように、大きめのコップにギネスビールを注いだ。

そして、ギネスの入ったコップをビールサーバーに近づけた。

あ。きっと、足りない泡を注いでくれるのかな?

と、思ったら、サーバーから何も出てこない。

しかし、その店員は、

「イヤ、アワデテルヨ。ゼンゼンデテル」

くらいの余裕の表情で、見えない泡を注ぎ

渡の目の前に置いた。

店員「ギネス」

渡「あ。はい」

「あ。はい」しか言えなかった。

Mがトイレから帰ってきた。

さきほどの店員さんは、渡たちの隣にあるカウンターで、ドリンクを作りはじめた。

Mが店員さんを見て

M「ねえ。たけちゃん。あれ、あの人、私のレモンサワー作ってるのかな?」

渡「そうだと思うけど。どうしたの?」

M「ウイスキー入れてる。。」

見ると、たしかに薄茶色のドリンクが作られている。ウイスキー色だ。

Wisukey
渡「いや、違う人のドリンクなんじゃない?」

M「そうだよねふふ」

店員が来た。

店員「レモンサワーです」

レモンサワー!!!!!

見ると、茶色のドリンクにレモンが添えてある。

渡・M「・・・」

渡「いや、見間違いってこともさ」

M「そよね。うん」

渡・M「カンパーイ」




M「ウイスキー!」

渡「マジで?!(飲む)ウイスキー!!」



いや、インドだとこれがレモンサワーなんだよ。とか、なんとなく正当化して見たがやはりオカシイので

店員を手招き。

店員「はい」

渡「あの。これってレモンサワー?」

店員「はい」

渡「いや、これウイスキー入ってるから違うと思うんだけど」

店員「いや、すいません。僕知らないです」

いやいやいやいや!!!!作ってたやんか!!!!

渡「えーっとね」

店員「ちょっと、すいません」

と、レモンサワーいやウイスキーを持ってキッチンに向かう店員。

ナミヘーイと話してる。ちょっとコゼリ合ってる様にも見える。

しばらくして

透明のドリンクを持ってきた。

店員「はい。レモンサワーです」

渡「ありがとう」

店員はける。

M、透明のドリンク飲む。

M「うん。さっきよりレモンサワー」

渡「よかった」

M「でも。たぶん焼酎入ってない」

。。。。。。。。。もういい。もういいよ。頑張ったよ。みんな頑張った。

またしばらくして

カレーとライスとナンが運ばれてきた。

Kare_

チキンカレーおいしい!!

ナンおいしい!

ライスおいしい!!

ほうれん草カレーあれ??

辛くもなく。熱くもなく。味もなし。

口に入れて、4秒後にほのか〜に、ほうれん草がくる。

頑張って食べてみたが、自分がだんだん無気力になっていくのを感じる。

M「いいよ。やめとき。チキン美味しいよ」

渡「。。ありがとう」

と、ほうれん草以外の物ものを、堪能して店を出たのであった。

なんちゅうか、今日、午後からの活動にも関わらず色々あった。

鎌倉、江ノ島は不思議な場所。

ハマります。














|

« ディズニーかよ! | トップページ | 初! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

江ノ島のね~
弁天様はね~
彼女と行っちゃだめだYO~
弁天様がね~
やきもち妬いちゃうんだってよ~

それにしても、たけちゃんの周りでは面白い事が渦巻いているね~

Aくん相変わらずおもしろ~
ブログ楽しみにしてまぁぁぁぁぁぁ~す

投稿: Naokooooooo | 2007年6月18日 (月) 09時22分

あー!それ聞いたことある!聞いたことあるのに!!

毎度毎度面白いことが渦巻いてるってことは、ずーっと何かの神に嫉妬されてるんかね?どないやねーん。

投稿: タケシ | 2007年6月18日 (月) 12時52分

猛クン、ブログ開設おめでとね\(^_^)/

ナミヘーイの満面の笑みは何だったんだろうね?
それにしても、お二人はレストラン災害(?)にあう確率高すぎ。

投稿: こにたん | 2007年6月18日 (月) 16時01分

やっぱりアレだね。

神でしょ。神。

たけしくんには色んな神が憑いてるんですわ。

神のおかげでお腹痛いょ(笑)

投稿: くみこ | 2007年6月18日 (月) 17時08分

こにたん!
コメントありがとう!!
そうなんよね。かなり確率高いんよね。なんでだろか?
でも、くじけずに行くよ。災害に負けずにいくだよ!お金払って災害に合うのってどう?なんて考えないよ!

くみこさんへ
一回見てみたいよね。取り憑いてる神(笑)

しかし、人のお腹を痛くできるんなら、本望か!

投稿: タケシ | 2007年6月18日 (月) 21時04分

ずるいよー、岩場の写真、反則だよー。ダイハード4てその写真のことなのかと思っちゃうじゃーん。静止画なのかと思っちゃうよー。

投稿: よだ | 2007年6月18日 (月) 22時28分

(笑)

黄昏過ぎたん。

実際波が荒過ぎたん。

クオリティ的にはダイハードのそれと同じの。

投稿: タケシ | 2007年6月19日 (火) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418278/6823667

この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ島にそして鎌倉で:

« ディズニーかよ! | トップページ | 初! »