トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

上司

上司
ゴリラーマンではありません。

ゴリラです。


人間名は小田って言うらしいです。


そして……


渡の上司です。。


仕事の時は、かなり意外ですが頼もしい上司・小田になってました。

しかし、仕事前後は

完全なるゴリラ

です。


どっちにしても、同じ職場の人は

渡と小田を見て


ゴリラ(小田)『ウォッホ ホホ オホ』

ゴリラ(渡)『オゥホ オホ』

とパソコンの前で何やら会話をしてるゴリラにしか見えなかったのは言うまでもなく。

そんな彼は劇団「兄貴の子供」の主宰でもあるみたいです。

11月あたりに渡も出演する舞台もあるみたいです。

しかし今日の

久しぶりの社会復帰。
飲食店が

どれほど渡にむいてないかが

如実に現れた日でした。

まぁ、これからバンバン失敗もするでしょう。

でも

んん。

楽しかったと。

明日も頑張ろうかと。
そう思っていたら

さっき

コメディストアのメンバーでもある

依田くんに

『考え直したほうが良い!絶対!』

と強く説得されました。


依田くんと小田くんは幼馴染み。


この二人の関係は

もうね

めちゃくちゃですわ!
そんなエピソードと、依田氏の発言の理由は

また今度〜。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

社会へ

社会へ
おはようございます。
社会人のみなさま。

おはようございます。

うぉぃ〜し!

渡。

いきます!

社会復帰2!

飲食店じゃないからよ!

渡の戦闘能力いかほどか!?

しかし

暑いですな〜!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

渋谷

むわぁ〜っとしますなぁ。

梅雨ですかそうですか。

しかし、今日は

むわぁ〜

っとしますなぁ。

ジェイのミーティング終わり。

代々木八幡から渋谷までカタヨセ氏と歩きました。

久しぶりに渋谷歩きましたけど、毎回思うんですけど

人がね〜

とんでもないですね〜。

余計に

むぷぁあ〜

としますの〜。

『木』が増えると『森』になりますけどね

『人』が増えると『ゴミ』になるんですね。

んん〜なんでしょう。

感覚や思考がマヒしていきます。
いろんなことに無関心になったりします。

むぷぁあ〜

としてるし。

その中で

今、渡もその人ゴミに参加してると。

今、渡もゴミになってると。

渡・ゴミ・猛になってると。

ふーん。

ま、いいんじゃね?

無関心が渡を包みます。

気がつくとブック1stの前

男2名、女1名の若者が

看板に寄りかかるように寝ておりました。

彼等の足下には瓶ビールがコロガっておりました。

道路脇に置いてあるゴミ袋

看板下で寝ている人

道路脇に置いてある人

看板下で寝ているゴミ袋

ふーん。

完全に無関心人間になった渡とカタヨセの口から出たのは、こんな会話でした。

渡『仲良いね』
カタヨセ『夏だね』

むっぷわああ

気がつくと

カタヨセ氏と分かれ

渋谷駅入り口に。

そこで渡の目に入ったのは

『FREE HUGS』

ふりーはぐ?

赤い字で書かれた紙を両手に掲げ

一組の大学生くらいの男女が、

瞳孔開きっぱなしの笑顔上等で立っていました。

ふりーはぐ。

抱くの自由。

あああああ!!聞いたことある!!!

。。。。ふーん。帰ろ。

いやいやいや!

これ。。本当に?

いるの?

抱かれたい人いるの?

むっぷわぁあああ

だよ。

抱く人も抱かれる人も

むっぷわぁあああああああああ!!

だよ。

渡なんか

むっっぷわぁあああああああああああああああああ!!!!!+加齢臭。だよ。

これ一体何のために?

看板もってる人のストレス発散?

もしくは

俺は誰でもカモンだぜ!受け入れ体制抜群だぜ!

もしくは

鼻毛?いいんだよ。 加齢臭?いいんだよ。 天パ?いいんだよ。 

でも、一人はダメだよ。的なラブ&ピース運動?

う〜ん。

って考えていたら

Photo いた!!!

ハグ!!!

ノリノリでハグ!!!

ほほ〜!

その様子を見届け

電車に乗りました。

電車で、足の悪い老人に、無言で席を譲る若者を見ました。

渋谷。


奥がふけえ。




家に帰って「FREE HUGS」調べたら

社会運動。

「社会運動なんですってね奥さん。あたーしビックリしちゃった」

「海外でよくやられてるらしいのよ。」

「あらやだ。なんだかすごいじゃない。」

「意外と常識なのよ。ふふふ」

「で、何のための社会運動なんですの?」

「しらないわよ」

「・・・」

「なによ」

「え。。でもそれじゃあ中途半端じゃないかしら。。。」

「社会運動は社会運動でしょ。」

「・・・」

「詳しく調べようとしたら英語がワーッてきたのよ!」

「・・・」

「英語がワーッて!!」

時間あるときに調べよ!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

やった!


ポッドキャスティングができたぞ!

ラジオだ!

ワタリーラジオだ!

そして記念すべき第一回目のゲストは

コメディストアのメンバーであり、ダンサーであり、親友であり、デザイナーであり、なにいっぱいやりすぎじゃない!?のカタヨセヒロシだ!

ゆるーい感じで喋っております。

ながーく喋っております。

時間ある時に、聞いてみよ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

ケイブマンは悪くない

渡、プロフィールにも書いてますが、

Defending The Cavemanという一人芝居をやっています。

ブロードウェイ史上最長のロングランした一人芝居です。

その日本語バージョンを今年4月から月に2回のペースでやっております。

最初、脚本をもらった時、まだまだ翻訳が未完成で

「ん?どういう意味?え?」

という状態でした。

それを、演出家のマイケルと、もう一人のケイブマン、渡邊聡さんと、演出助手の依田くんと、渡で去年の暮れからコツコツと脚本を手直ししていきました。

そして

「ん?どういう意味?」

「ほ〜なるほどね〜。」

になり、

「ああ〜わかるわかる!面白いやないか〜!」

となったのです。

1時間45分にもおよぶ脚本。

手直ししつつ、覚えていくのはかなりの苦労でした。

渡は、意外や意外、セリフを覚えるのは早い方。

なのに、この脚本を体に入れるのには大分時間がかかりました。

今でも、フッとセリフが抜けたりします。苦笑いです。

この話しは、自分の彼女との関係を中心に

男とは?

そして女とは?

という、誰もが身近に体験したり、興味があるテーマを突き詰めて

それをユーモアで包み込んで

こんがり焼き上げています。

日本人の口にも合うんだな。

ということが本番をやってみてわかりました。

この話しが世界中で公演されている理由がわかりました。

渡たちは、このケイブマンを10月末までやっていきます。

そして、さらにこの脚本を完璧にしていこうとやっております。


結婚してる人。同棲してる人。恋人がいる人。恋人がいないけど、恋人が居たことがある人。恋人がいた事がないけど、異性と接したことがある人。異性ってのがいるってのを知ってる人。
最近うまく行ってないカップルなどが観た場合、手をつないで帰れる恐れがあります。

是非です。

今週の水曜日にやってまります。

はい!以下詳細!

『Defending The Caveman 〜ケイブマンは悪くない〜』

場所:西麻布 The Baron
〒106-0031 東京都港区西麻布1-8-21 エメロード西麻布ガーデン1F 03-6406-4551 http://www.thebaron.jp/
●日比谷線六本木駅 徒歩4分。2番出口を出て直進。alifeを過ぎて最初の角を右折。The Baronは左側です。
●大江戸線六本木駅 徒歩5分。4b出口を出て直進。alifeを過ぎて最初の角を右折。The Baronは左側です。

料金:¥2500(1ドリンク付き)

作:ロブ・ベッカー

演出:マイケル・ネイシュタット

監修:奈良橋陽子

出演(Wキャスト):
★渡邊 聡(わたなべ ただし)【フェイスサーチ】
☆渡 猛(わたり たけし)【Tokyo Comedy Store j】

予約:090−3147−4493  caveman@tokyocomedy.com http://www.tokyocomedy.com/caveman.html

50人くらいでいっぱいになってしまう、小さな会場なので来られる方は事前予約および、早めの来場をお勧めします。
演出はNHKえいごリアンでおなじみのマイケル・ネイシュタット。監修にハリウッド映画「ラストサムライ」・「SAYURI」・「バベル」などのキャスティング・ディレクター奈良橋陽子がついております。

014






| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の出来事

昨日は怒濤のバカ、ヒダカの引っ越しを手伝いました。

茨城まで。

茨城まで!?

そうなんです。

ヒダカという筋肉は、今月からアメリカにホームステイするのです。

しばらく日本に帰ってこないため、実家である茨城に荷物を全部入れようと。

それでいったんです。

そこで2時間ほど寝て、そこからまた荷物を出して、東京にもどって、原付で家に帰りました。灼熱の原付地獄でした。

日焼けしました。首のところとオデコ。恥ずかしい。

で、家に帰って就寝。いや、昼寝。

で、その日の夜はコメディストアのメンバーでもあるカタヨセヒロシ氏のダンスを見に横浜に。

ノイズ系の音楽と即興ダンスの融合。

ピーとかプツッとか、またピーとか。

その音に合わせながらカタヨセ氏が踊るわけです。

最初、アングラとポップの格闘だと思った。

コントかなとも思った。

ヒロシが闘っているように思えた。

それもそれで渡は楽しめたわけです。

が、時間がたつと、その音が何かひとつのイメージになって、

ヒロシの動きがひとつのストーリーになっていく。

アートっていうのは不思議なものよ。

そのピーの音に合わせて、ギターの参加。

バイーンッとかバリッとかギターでいうわけです。そこにまたピーッて。

途中、カタヨセ氏が、携帯が鳴って部屋を出て行ったお客さんとともに、退場。

『逃げた!ヒロシ逃げたよ!!』

と、心の中で叫んだ。

すると、一緒に踊っているノブちゃんが一人で踊る。

ノブちゃんのダンスも絶品なわけです。

ノブちゃんもピーッとかバイーンに合わせて踊る。

ピー  バイーン プツッ プツッ バイーン 

しばらくすると、ノブちゃんが止まった。

立ったまま首をかしげて動かない。


「お母さん、お人形さん動かなくなっちゃった!!」

心の中で叫んだ。

すると戻ってきた。

カタヨセ氏が戻ってきた!

止まったお人形さんも動いた!

いや〜

カタヨセくんとノブちゃんの相性ってのは

餃子とビール

コーヒー&シガレット

和菓子とお茶

無人島に男と女

カンヌと映画

ハイジとペーター

トムとジェリー

くらいの良さなんですね。

音楽も激しくなり、それによってダンスも激しくなる。

ダンスが激しくなることによって、音楽も激しくなる。

終了。

楽しかったわ〜。

色々な視点で楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

えすわんぐらんぷりっくす

一年かけて即興芝居で闘うエスワングランプリ。

それで誰が即興王者か決めるんだって。スゴいね。ふふ。

昨日で4ラウンドが終了しました。

後半かなりレベルの高いシーンが続き、渡も高得点を出すも、1〜3位の中に選ばれす。ぬーん。

即興ってのは、本当にその日のその人の状態がうつし出される気がします。

その状態がそのまま結果に出ているような気もする。

チャレンジ精神満載で闘いに挑んだ人。

常に崖っぷちにいながらも前に前に進んでいく人。

そういう人が必ず結果を出す。ん、必ずというのは言い過ぎた。

そういう人が結果を出す確率が高いと思われます。

ショーが終わった後、振り返ってみて、自分の結果はそういうことだろうと。

楽しく、面白いシーン。興味深いシーン。

そういうものができてないわけでなく、

ただ、

それよりも

『想い』

みたいなものが強いやつ。そういう人がさらに高得点を打ち出した。

ショーの流れとか、ラッキーパンチとか、

もちろんそういうものも、多分に入っているけれど、

その気持ちってのは〜

デカイねえ〜。

ぬーん。

渡は去年

チャンピオンに選ばれました。

それはもう

勝手にもの凄いプレッシャーを感じ

その中で

闘っておりました。

それと

今の気持ちを比べると

ぬーん。

としてるな〜と。

だらけてるワケでなく、やる気がないワケでなく

ただただ

ぬーん。とさ。

でも、昨日のショーは

渡のぬーん。を、ふーん。とさせ、

帰りに居酒屋にいって

普段あまり飲まない焼酎とか飲んだり

家に帰ってもなかなか寝付けず

寝ても、ショーの夢を見て

そりゃもうヒドく嫌〜な夢を見て

ふーん。が

ヘーッになり

こうやってブログを書いてるとだんだん

ヤーッ

になり、

これを書き終わったころにはもう

YAH!YAH!YAH!

になっていると思われます。

今から一緒にこれから一緒に殴りに行こうか

と、真顔で言える男になっていると思われます。

こうなるとね

渡はね

思いっっっっっっっっっきり成功するか

思いっっっっっっっっっっっっっっきり、つまずいて

また入院するか

のどっちかでしょう。

でも、そういうことしないと、

人間

なかなか成長できんなと。

そう思うのです。

空は

ぬーん。

としてる今日は

腹筋が仮面ライダーみたいになってる

筋肉お化け

日高という友人の

引っ越しの手伝いをしに行ってきます。

ドタキャンしたいよぬーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

Tadashi Caveman!

Tadashi Caveman!
母さん。

今、渡は

六本木にいます。

そうです、ケイブマンという一人芝居のスタッフです。

来週は渡が出演者です。

知らない?

母さん何度も言ってるじゃないですか。

詳しい話はまたします。

今日は他のスタッフも出演者であるタダシさんも会場ギリギリに来ましたよ。

渡一人で機材の前でパルプンテでしたよ。

でもなんとか間に合いました。

これから始まります!
母さん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深夜のテンションだから。うん。

気がつくとベッドから落ちてた昨日の朝。

起きると首がピッキーッ。

完全に首を寝違えたご様子。

それで明日エスワン。ワン!

吠えると首が痛い。。

ワン! ピッキーッ キャン!!

そのキャン!にまたピッキーッで、キャン!!

ピキピキキャンキャン。ピキキャンキャン。キャンピキキャンピキピキピッピ。

早口言葉が生まれドーン!

パー(光がさす音)

モーゼ降臨。

モーゼ「神から生まれし、我が息子よ。そなたの名はキャンキャン。キャンキャンだ!」

キャンキャン「え?」

モーゼ「え?」

キャンキャン「ピキは?」

モーゼ「え?」

キャンキャン「いやだから、ピキがないとオカシイことになるでしょ?」

モーゼ「いや、え?それはー」

キャンキャン「普通キャンピキとかじゃない?キャンピキもまぁアレだけど」

モーゼ「ああはい。じゃあキャンピキで」

キャンキャン「じゃあって。。」

モーゼ「ふふ!」

キャンキャン「何笑ってるん!」

モーゼ「ワン!」

キャンキャン「ワン!(ピキーッ)キャン!」

パー(モーゼ退場)

キャンキャン「…」


いや、首も痛いし、深夜だし。。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

初!

ワタリーボウヤに友達ができました。

普段お世話になったり、お世話にしたり、さらにお世話したりの

ウッチーのブログ。

リンク張りました〜!!

D36845f044567e6445bcf69601fa9939a0000000_1




コメディストアで二年連続誕生日を祝われてる、ナイスガイです。


070227_2042_1_1


子供のころはこんなだったらしいです。







Shiwa_1




今はこんなです!





彼のブログを読むと渡は、ほのぼのします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

江ノ島にそして鎌倉で

紫陽花をあきらめて、江ノ島にいった渡たち。(今回は彼女のMと、ルームメイトのAが同伴)

ズラーッと並ぶ階段をヒーヒー言いながら上がり、弁天様に誠心誠意祈り、一番高い展望台にいったのでした。

Enosima_tenboudai

 



曇ってはいたけれど、吹きすさぶ風と景色に心奪われる渡とM(Aはなぜか不参加)。

気分よろしく、さぁ降りよう!と、ズラーッと並ぶ階段を降りて行くと、一面に海!

海に近づき黄昏れてみる。波荒らし。

Umizoinootoko

かなり江ノ島を満喫した。

辺りは暗くなってきた。

さぁ帰ろうとさらに足を進めると。。。

行き止まり。

え?? 行き止まり??

渡たちは、行きゆく人たちの流れに身をまかせて進んでいた。

だから、てっきり帰り道だと思っていた道は帰り道でなく。。

M「え〜!今来た道を戻るってこと〜??」

ズラーッの階段を再び上るハメに。

お腹も空いて体力の限界にきていた三人にはかなりキツい状況(Aはなぜか汗1つかいていなかった)。

暗い階段の道をヒーヒーッ言いながら進む。

なんとかして、元の道に戻り、江ノ島を降りた。

お腹ペコペコだった。

だけど、どの店もお値段がセレブだった。

三人はセレブではなかったので、鎌倉に戻ってご飯を食べようということに。

鎌倉駅についたころ、三人の疲労はピーク。

座りたい。
ビールが飲みたい。
そして、美味しいヤツ食べたい。

欲。欲だけが三人を動かしていた。

しかし、

鎌倉の夜は早かった。

次々にお店が閉まって行く。

商店街で残っているのは笑笑。

せっかく鎌倉に来たんだから!せっかく鎌倉にきたんだから!!

という、思いが消えて

「いーよ!!もう!!コンビニでいい!!」

くらいのテンションになりかけたその時

三人の視界にふと入ったのは

インド料理屋

だった。

鎌倉でインドって何?どういうこと?

もちろんそんなよこしまな考えも頭をよぎった。

でも、もう良いんだ。行った事のない店だったらどこでも!!

店頭にあるメニューを見る。

値段もそこまでセレブじゃない。

渡「いいよね?もうここで。」

M「うん。うん。」

渡「よし!いこ!」

A「あ」

渡「なに?」

A「俺、帰るわ」

渡「なんだテメエはぁあああああああああああ!!!!」

っと、静まり返った鎌倉にもう一度活気を!!くらいの大声で叫びそうになった。

それをぐっとこらえる。

渡「え?なんで?」

A「いや、特に理由はない」

渡「嫌?インドいや?」

A「そういうわけでもない」

渡「タイ料理だったら良いの?」

A「そういうわけでもない」

M「あれじゃろ?ただのノリじゃろ?」

A「いや、そういうわけでもない」

渡「オラァ!!!!!!」

と、店の看板で頭を破壊。

したい衝動をぐっとこらえる。

A「いや、気にしないで。いつもの我侭だから」

渡「はい。わかりました」

A、去る。

彼のいつもの我侭と、渡の疲労(プラス空腹時のイライラ)が重なると危ない。

怒っても仕方ない。怒る理由もない。

深呼吸して、

店に入った。

店内には、きっと向こうでかなり有名なミュージシャンのPVがTVから流されている(そう見える)。

店員はもちろん、インド人(たぶん)。

店員無言。無表情。

のまま、ジェスチャーだけで席に案内される。

ギネスビール(黒いビール)。レモンサワー。

あと、チキンカレー(甘口)と、ほうれん草カレー(中辛)。それにナンとライス。

食べたいものを決める渡とM。

渡「すいませーん」
店員、無視。

あれ?聴こえてないのかな?

と、もう一度声を出そうとする刹那。

店員が歩いてきた。聞こえてたんかい!

その店員さんは、見た目的にはこのお店で一番の年上。

サザエさんの波平さんのヘアースタイル、白髪バージョン。ナミヘーイさんだ。

シェフの服を着ていたので、ホール専門ではないように見えた。

しかも、注文を書く紙を持っていない。

大丈夫か?

と思っている間にナミヘーイさん到着。

ナミヘーイ「はい」

渡「えっと、ギネスビールと」

ナミヘーイ「はい?」

渡「ギネス。ギネスビアー」

ナミヘーイ「ああはい」

渡「それと、、なんだっけ?」

M 「レモンサワー」

ナミヘーイ「・・・」

渡・M「・・・」

渡「それとー」

ナミヘーイ「はい?」

渡「え?あ・・」

ナミヘーイ「なんて?」

M「レモンサワー。レモンサァウワー」

ナミヘーイ「ああレモンサワー。はい」

もういいよ!それだけ持ってきて!!

と、言いたい衝動ぐっとこらえ。

なんとか、全部を注文した。

少し落ち着き、Mがトイレにいった。

その間に

ナミヘーイが片手にギネスビールの瓶。

もう片手に小さなコップ。

を持って歩いてきた。

なぜか満面の笑顔だった。

さっきは笑顔なんか見せなかったのに。

あ、きっと渡もイライラしてたから、そういう風に見えたのかな?いけないいけない。

笑顔のナミヘーイ。

渡も笑顔を返す。

それだけで気持ちが明るくなった。

人間イライラしてるとダメである。

そうだ。さっきもAにツッケンドンな態度とっちゃったな。後で、謝ろう。

と、考えている間にナミヘーイが渡の席にきた。

コップを置いて

ビール瓶の栓を抜こうとした

その時


(奥にいる店員が大声で)「カモサラフタヤラ!!」


ナミヘーイの顔が一変。

鬼の形相に。

なんて言ったの??!!なんて言ったの??!

そんな一瞬で顔が変われるものなの?

「俺の嫁返せ!!」

って言ったの?

よくわからないが、ナミヘーイは栓を抜くのをやめた。

奥にいた店員が出てきてビールとコップをとりあげた。

ナミヘーイはキッチンに帰っていった。

奥にいた店員は、渡に見えないように、大きめのコップにギネスビールを注いだ。

そして、ギネスの入ったコップをビールサーバーに近づけた。

あ。きっと、足りない泡を注いでくれるのかな?

と、思ったら、サーバーから何も出てこない。

しかし、その店員は、

「イヤ、アワデテルヨ。ゼンゼンデテル」

くらいの余裕の表情で、見えない泡を注ぎ

渡の目の前に置いた。

店員「ギネス」

渡「あ。はい」

「あ。はい」しか言えなかった。

Mがトイレから帰ってきた。

さきほどの店員さんは、渡たちの隣にあるカウンターで、ドリンクを作りはじめた。

Mが店員さんを見て

M「ねえ。たけちゃん。あれ、あの人、私のレモンサワー作ってるのかな?」

渡「そうだと思うけど。どうしたの?」

M「ウイスキー入れてる。。」

見ると、たしかに薄茶色のドリンクが作られている。ウイスキー色だ。

Wisukey
渡「いや、違う人のドリンクなんじゃない?」

M「そうだよねふふ」

店員が来た。

店員「レモンサワーです」

レモンサワー!!!!!

見ると、茶色のドリンクにレモンが添えてある。

渡・M「・・・」

渡「いや、見間違いってこともさ」

M「そよね。うん」

渡・M「カンパーイ」




M「ウイスキー!」

渡「マジで?!(飲む)ウイスキー!!」



いや、インドだとこれがレモンサワーなんだよ。とか、なんとなく正当化して見たがやはりオカシイので

店員を手招き。

店員「はい」

渡「あの。これってレモンサワー?」

店員「はい」

渡「いや、これウイスキー入ってるから違うと思うんだけど」

店員「いや、すいません。僕知らないです」

いやいやいやいや!!!!作ってたやんか!!!!

渡「えーっとね」

店員「ちょっと、すいません」

と、レモンサワーいやウイスキーを持ってキッチンに向かう店員。

ナミヘーイと話してる。ちょっとコゼリ合ってる様にも見える。

しばらくして

透明のドリンクを持ってきた。

店員「はい。レモンサワーです」

渡「ありがとう」

店員はける。

M、透明のドリンク飲む。

M「うん。さっきよりレモンサワー」

渡「よかった」

M「でも。たぶん焼酎入ってない」

。。。。。。。。。もういい。もういいよ。頑張ったよ。みんな頑張った。

またしばらくして

カレーとライスとナンが運ばれてきた。

Kare_

チキンカレーおいしい!!

ナンおいしい!

ライスおいしい!!

ほうれん草カレーあれ??

辛くもなく。熱くもなく。味もなし。

口に入れて、4秒後にほのか〜に、ほうれん草がくる。

頑張って食べてみたが、自分がだんだん無気力になっていくのを感じる。

M「いいよ。やめとき。チキン美味しいよ」

渡「。。ありがとう」

と、ほうれん草以外の物ものを、堪能して店を出たのであった。

なんちゅうか、今日、午後からの活動にも関わらず色々あった。

鎌倉、江ノ島は不思議な場所。

ハマります。














| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

ディズニーかよ!

ディズニーかよ!
ディズニーかよ!
30分まって見たけれど…。
あと80分待つ覚悟と度量はありませんでした。
紫陽花見たさに長蛇の列をつくる日本人になれませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ!鎌倉!

久しぶりに鎌倉に行ってきます。
紫陽花なんか見たりするんでしょう。

いざ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

社会復帰再び?

小田学(おだまなぶ)という人間がいる。

数々の映像作品をとり、劇団兄貴の子供の主催者でもある。

映像では何度も賞をとり、劇団では旗揚げ公演が、その劇場の年間演劇奨励賞をとった。

そんなゴリラみたいな顔をした彼は友達である。

ちなみに渡も人のことは言えない。ちなみに。

彼の人の良さや悪さは後日しっかりと書くとして、だから今日は置いといて。

彼はレンタルビデオカメラ屋さんでバイトをしている。

そのお店のスタッフが先日辞めたんだとさ。

で、今、バイト募集してるんだとさ。

で、本日。

渡。

バイトの面接に行ってきますた噛んだ!

バイトの面接に行ってきました!!よし!

もう勢いです。ええ。勢いなくしてバイトができない子なんです。

渡も今月かなり!かなり〜!!困っていたんです。

「お前これからどうすんの?」
「え?今、月の収入どれくらい?」
「お前これからどうすんだよ?」
「待っててお金が来るって思ってる?」
「だからお前これからどうすんだっつってんだよ?」
「人じゃないんだよ?お金って」
「どうする!!」
「金!!」

という、自分の中の声にたいして

「鬼塚ちひろ!へぁ〜鬼塚ちひろ〜!!」

と、もう完全に気の触れた返しでごまかし続けていたのだけど、

もう限界

というか、タイミングが良かった!!

だから勢いつけまして。ええ。

銀座なんぞに面接にいってきたわけです。

久々の社会。

面接「履歴書見せて」
渡「ああはい」
面接「汚い顔だねー」
渡「はい?」
面「いやいや、はは。字はこれ以上巧くならないの?」
渡「ああ、すいません」
面「汚い顔だねー」
渡「え?はい?」
面「はは」
渡「……」
面「口臭もスゴいしね」
渡「……」
面「え?怒ったの?」
渡「…いや」
面「こんなんで怒ったらダメだよ。ここは社会だよ」
渡「ああはい」
面「社会」
渡「しゃかい」
面「そうそう、おお〜言えるじゃん。いっちょまえに」
渡「……」
面「だから怒っちゃダメだって」
渡「怒ってないですよ」
面「ほら怒ってる」
渡「怒ってない」
面「怒ってる」

渡「怒ってない!」
面「怒った!今怒った!!」

渡「……」
面「帰れ!」

なんだかドキドキしながら受けました。

実際、会ったその人は、

ものすごく

優しく

「夢をもってる人が好きでね〜」

と言ってくれ

「まったく問題ないですね。僕だけでは決められないので、上司に報告して、後日連絡させてください」

となり、

渡は

ほぼ100の確率で

近々

社会復帰することになります!

結果が出ましたらまた報告!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブログ初め

渡。
mixiでも、東京コメディストアジェイでも、こういうブログ的なものを書いております。

が、

ここでは、ホントにどーでも良いことや、ホントにどーでも悪いことも、適当に書いてみようと思います。

しかし、『適当』。適度に当てる。これがなかなか難しい。

自分にとってどれが適当なのか?

どれがどーでも良くて、どれがどーでも悪いのか?

そういうのも含め

書いていこうじゃないかと。

そんなことを考えておるわけです。

その分。

ほかのブログ達よりも頻繁に更新できればと。

そう思っております。

なので、このブログを読んでいる人。これから読もうと思っている人。

適当にどうぞよろしくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

あ。

できた。。かな?

ん?

あ。

できた!!!

ブログ作れた!

こんなに簡単だったとは。。。

という、文章を作り直して三回目。

そんなに簡単というわけでもないか。

慣れか。

つくったばかりです。
色々変更ありです。

なのでこれはお試し。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年7月 »